2015年06月25日

夢のギャラリー

sitigahama.jpg

「古山さんのギャラリーを設計したい」
建築を学ぶ女子大生からFacebookを通じて連絡がありました。
「古山さんの水彩画やイラストレーションはどこへ行けば見られますか?」
そんないきさつで、ちびギャラリー・アトリエ アルティオに来てもらうことにしました。

「ギャラリーの設計」といっても大学の課題の一環。実際に建ててしまうわけではありません。
きくと彼女の地元、七ヶ浜の公民館図書館で、私の寄贈した「七ヶ浜小さな旅-灯台のある町」を目にとめたことがきっかけでした。
いろいろ話したけど、とても深いところまで考えていて、まるで実際に私のギャラリーができるみたいで、わたしまでわくわく。

なぜ、他の作家ではなく私なのか。(答えをきちんとくれました)
なぜ、とある場所なのか。(すでに立てたい場所は決まっていました)
そのギャラリーはどのように活かされていくのか。(これの答えにびっくり。もしそれが実現したとしたら、30年前わたしが思っていたことが現実となる。=全面協力を惜しみませんとも)
それらを彼女なりによく熟考していました。

私への問いかけも、彼女の鋭い視点が見え隠れして、話せば話すほどすべてが私のいままでやってきたこととリンクしていて、それは不思議な感じ。
これからさらに考えを詰めて、設計に入っていきたいと、彼女はアルティオをあとにしました。

若さと熟考。それが伝わってきて、オジサンはすごくうれしかったのでした。
そして、試行錯誤でアルティオをオープンして、こういうかたちでギャラリーが活きたこともうれしかった。

そんないい出会いで始まった今週でしたが、翌日は塩竈の学習塾の塾長ご夫妻と一献。さらに昨日は某新聞社の社長さんとスタッフさんと一献。
「会って話すこと」が前に進ませてくれた一週間でした(まだ終わってないけど、ね)


posted by タク at 23:05| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいお話しですね。何となくではなくきちんと考えをまとめているところがすごい。
ところでモザイクは左の方にも必要では?
Posted by くわちゃん at 2015年06月26日 08:48
くわちゃん、もともとモザイクみたいな顔なので、まいっか(笑)
いきおいだけじゃなく、ほんと、論理的でした。なんでワタシなのかというところも、こちらが「なるほど」と逆に教えられた感じ。作品をきっかけに、地元の復興もきちんと考えていて、イマドキの学生さんって、すごいな、と思いましたよ。
Posted by タク at 2015年06月26日 08:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。