2007年05月24日

マルタ凹凸考

kankoukyaku0.jpg


マルタの旅について、第二信です。

実はマルタは石灰岩でできた島です。建物は、そんな島のあちこちにある石切場から切り出されたはちみつ色のハニーストーンで統一されています。国の法律で、建物には必ず一部ハニーストーンを使わなければならないと決められているそうで、色彩景観が統一されています。

おもしろいのは、石切場があっちこっちにあること。国土に穴があいた分だけ、建物が建つという、非常にわかりやすい図式です。凹んだ分だけ凸っぱるわけ。考えてみると、家なんて、もともと暮らしているところの木を切ったり、土をこねたり、石くれを積み重ねたり、藁を使ったりと、地場産品の集大成だったはずです。暮らすその地からのお裾分けで人間、生かしてもらってた。

日本では、いつの間にか便利さや、安全性、耐久性、住み心地、否、ラクチンさが最優先され、なんだか何処の国だかわからない住宅景観が生まれることになりました。新興住宅地こそ、まさに今の日本の表象のような気がします。外国の友人がもしも来て、日本らしい建物見せてくれ、といわれたら、迷わずニガワライ浮かべて新興住宅地へつれていきます。たぶん(笑)。

海外を旅して常に思うことのひとつに、便利さってなんだろう、ということがあります。日本であたりまえにあって便利と感じていたものが異国にはなく、けれど、それがないことで、べつの意義が存在してるってことが、けっこうある。便利になると、必ず「何か」が失われています。全ては凹凸。

快適性、利便性を求めて邁進することは、企業社会にとっては大切なことかもしれません。ですが、それを自分のアイデンティティと照らし合わせて、不要なものは「いらんよそんなもん」と言えるようになりたいものです。「いらんよそんなもん」と明言することで失わずにすみ、いずれほっとするものも必ずあると思います。

なんてえらそうに書きましたが、けっこうあるなあ、自分の周りにも「いらんよそんなもん」(苦笑)。
まあ、アイデンティティの褌締め直すのも、旅の醍醐味ってことで。

今日の一枚は、首都バレッタの目抜き通りにあるカフェでのクロッキー。観光客のおばさんでした。

絵本ができました。
「ツキを呼ぶ魔法の言葉-魔法使いのプレゼント」原話・五日市剛、文・ほしのひかり、絵・古山拓。版元はマキノ出版。定価税込¥1,000です。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

今日もお読みいただき、ありがとうございます。もしよかったら、ランキングクリックをどうぞ。

 ビジネスブログ100選 


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


■ ■ ■

flowerroad.jpg

いつも当ブログをご訪問、ありがとうございます。
当アトリエでは、ウエッブサイトのギャラリーページの絵の制作注文、
水彩画の新規描き下ろしの注文を随時承っています。
お陰様で、ご自宅用、新築祝いや新規開業時の壁面展示等、個人様から法人様まで、
御注文いただいております。
サイズ、納期、制作料などのお問い合わせは、
以下のメールアドレスへメールにてお気軽にどうぞ。
御注文、心よりお待ちしております。
lands-f@fc4.so-net.ne.jp

ホームページトップ下部からもメールでお問い合わせができます。

当アトリエ・ウエッブギャラリーサイト入り口はこちらへどうぞ。
http://www.termnet.co.jp/furuyama/


kuzumaki.jpg


■ ■ ■


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


■アートなこだわりグッズ.by-MoMA■

■旅ゴコロくすぐりサイトはこちら--■







+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++






posted by タク at 10:17| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>凹んだ分だけ凸っぱる

なるほど〜。
かなり無節操ですよね、今の日本。

ところでちょっと話がそれるんですけど
最近「潜在自然植生」という言葉を知りました。
その土地に育つべき本来の植物たちってことなんですが
例えば自分の家の庭木としてそれらを選ぶ、
みたいなことは、今からでもできることだし
必要なんじゃないかな〜と思いました。
イグネみたいな屋敷林とまでいかなくてもね♪
Posted by ほっしい* at 2007年05月24日 12:34
旅おつかれさまでした〜おかえりなさいませ。

五日市剛さんの本は前に読みました!
あのお話をストーリー仕立てにした感じなのでしょうか?
う〜んすごい!
さすがのご縁!
さすがのお仕事!

かならず買いまーす!
Posted by 200マイル at 2007年05月24日 15:20
お帰りなさい。マルタの絵、期待してます〜♪

それはそうと、石灰岩と石切り場と聞くと、登れるのだろうかと思う私も異常だなぁ。ヨーロッパの岩場は、フリークライムをやっていた人間には、憧れの場所でしたから、ついつい、そっちに関心がいきます。
Posted by ヌマンタ at 2007年05月24日 17:21
ほっしい*さん、潜在自然植生とは、はじめて聞きました。なるほど、理にかなった考え方、庭造りですね。
土も空気もその地その地で違うわけですからね。いぐねの庭版なんて、なんか、いぐね!?なんてね(嗚呼、オヤジギャグ失礼!)

200マイルさん、ただいま!
今回の絵本のいきさつは、まったくもっての突然の依頼でした。
本当に縁は異なもの、です。
お買いあげくださるとのこと、本当にありがとう!

ヌマンタさん、ただいま!
マルタの絵の発表は2ヶ月後の個展が一発目です。またネットで公開しますので、ゼヒご覧ください。
そして、フリークライムの下りに思わず声上げて笑っていました。ぜったい、ヌマンタさんなら、こっそり登るんじゃないかなあ(笑)。けっこうな深さがありましたよ。
Posted by タク at 2007年05月24日 23:22
おかえりなさぃ〜(。・_・。)ノ

マルタの旅いかがでした?
思わずマルタてどんな所か検索して見ました〜^^
建物がいいですよね〜!

ほんと今の生活にこれって・・なくてもどうって事ないものであふれてるようなぁ・・
我が家にもかなりそんな物が存在してます(^_^;)

ツキを呼ぶ魔法の言葉―魔法使いのプレゼント の絵本さっそく日曜日にでも本屋さんで買ってきますね〜!
なんか表紙みただけで温かい気持ちになれそうぅ〜
楽しみです〜♪







Posted by みちる at 2007年05月25日 20:04
みちるさん、ただいま!
マルタを検索してくださったとのこと、たぶん首都ヴァレッタの写真がのっていたのではないでしょうか?本当に素敵な町並みでしたよ!

絵本、ぜひお買い求めください。表紙、素敵でしょ!?ブックデザインしてくださったアートディレクターさんが、それはもう素敵に仕上げてくれました。飾りケイが表紙に使われていますが、アートディレクターさんのアイデア。楽しく描かせていただきました。
Posted by タク at 2007年05月25日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。