2015年12月10日

絵と文な仕事

絵と文の抱き合わせ発注。
ひさしぶりに来ました,嬉しい仕事です。
メルカートという専門系機関誌の裏表紙に絵とエッセイを連載開始しました。
一般には手に入りませんので、こちらでご紹介を。

20151210mercato001.jpg

旅絵というタイトルで、東北の風土を、風景を切り取っていきます。
第一回目は、七ヶ浜町の今はなき風景を描き出しました。
この原稿と絵を描いたあとに、仮設商店街での震災前の風景画点の打診がありましたので、シンクロニシティだったのでしょうか?

「東北をテーマに水彩スケッチとエッセイを寄稿してもらえないか?」という打診があったのは今年の春。
以前から東北灯台下暗し、足元見ずして何をば語る、と、時間を見つけてはあちこち取材をかけていました。そのことが役に立っています。
司馬遼太郎の金字塔シリーズ「街道を往く」には当然かないませんが、それでもみちのく東北「我が街道」を往きたいものです。

年明けが締め切りで第二回目が動きます。
どこの風景をどんな切り口で切り取ろうか、いまから嬉し悩ましです。



posted by タク at 22:45| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イラストレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。