2016年02月28日

年なんて関係ない

アルティオでの展示は、場所が自分のところだから気楽かといえば、そうではない。
イラスト仕事や、次の個展の仕込みも動いているわけだから、どこかにその時間を練り出さなければならない。練り出したら補給が必要なのが世の常でもあって、昨日今日がその補給日だった。

補給日といっても、仕事は動いているし、お客さんも来てくださる。さあ!温泉に行こう!や、買い物に出かけよう、なんてことはできず、ただぼーっとしていたり、本をパラパラめくったり、プラプラ近所を歩いたり、空見上げたり…空き時間作って、そんなもんだ。

子供たちが小さかった頃は、何処かに行くとなるとそれなりに気合い入れて半徹して時間をあけたものだけれど、若かったからできたこと。今やったら自殺行為だよね。

そんな今日、読み始めたら止まらない本に出会ってしまった。
遅ればせながら、「特別授業3.11 君たちはどう生きるか」。

河出書房新社から「14歳の世渡り術」というシリーズで出ているものだけれど、今年54歳になる私が読んでも頷くことしきり。
最初読み始めたのは今日の昼下がりの自宅。実は今、明日の仕事の前乗りで宇都宮にいるのだか、新幹線の中、そしてホテルの一室でと、最上級の栄養補給をさせてもらった。

この本に書かれていることを「わかりきったことじゃないか!」と思うようなら、歳の重ね方に失敗した、と思った方がいいと思う。
歳重ねてわかった「つもりになっているだけ」のことは往々にして多いものだから。(←これ、自分に言ってるな)

人生半分過ぎたとしても、モノゴトのど真ん中なことは、14歳流の受け止め方をしてもソンはない。そう思う宇都宮の夜なのである。

そうそう、絵も同じだね。歳かさねてそこそこ描けるようになると、生きる上で見えなくなるもの、いっぱいあるもんな。


3D3550AF-2398-4037-8A85-26EAA8209D0C.jpg
(ホテル客室照明で撮った写メ故、黄色ですが、実物は白表紙です)












posted by タク at 22:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。