2016年04月20日

文様で伝えたい

文様が好きです。
古来から人間は文様を表現手段の大事な一つにしていました。
文字を使い始める遥か前から伝えたいことや残したいことを文様に託してきました。
東北で発掘された縄文時代の土器にはうねりまくった炎の文様。はるかユーラシアの反対側アイルランド・ケルトのぐるぐる文様まで、そんな文様にはじまり、森羅万象をモチーフにした飾り形や文様には人間の根源的ななにかさえ感じます。
たぶんにそんな古い血の記憶がくすぐられるんでしょうね。私も文様やそんなイラストを描いているときは不思議な高揚感があります。

20160420chibie_y2.jpg

これは、アトリエ・アルティオオリジナル商品、ちいさな額入りオリジナル「アルファベットちび絵」。
カリグラフィ作家のやなぎゆみこさんとのコラボ作品です。
アルファベットの頭文字部分は実はエンボスで浮き上がっています。
やなぎさんが文字デザインとエンボスを制作。水彩でのカラーリングと飾り形デザインを私が手描きしています。(店頭価格¥6,480/税込)

先日、iさんという方からご自身の頭文字での制作を依頼されました。
私が抱いた印象で描かせてもらうのですが、今回も喜んでいただけてほっとしています。

20160420chibie_i.jpg

そういえば、イラストを担当した「ツキを呼ぶ魔法の言葉・魔法使いのプレゼント」(マキノ出版)でも、鍵となる箱の文様にはこだわりましたっけ。
こちらは私オリジナルデザイン文様を施した想像上の箱でした。

2016042026_27finish.jpg


アトリエアルティオのネットショップはこちらです。
artio.shop-pro.jp

母の日、父の日、バースデープレゼント、新築のお祝いなど承っておりますので、立町のギャラリーへもぜひお越し下さい。(グーグルでショップが表示されます)
仙台市青葉区青葉区立町19−20
電話:022-797-8389


posted by タク at 13:53| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。