2016年04月28日

見知らぬ誰かがくれるもの

20160428さっぱせん001.jpg

「答え」は、まったく関係のない第三者が、ふとした言葉でくれることがあります。

実はここ数ヶ月、常に頭の片隅で、自分はどう動くべきなのか、答えが見えない岐路がありました。
「右に進むか、左へいくか?」

昨日、リビングカルチャー教室がありました。終わって立町ベースのギャラリー・アルティオに戻ろうかと店に電話を入れると、妻が「早く戻って来て。お客様がいらしてます」

自転車ダッシュで戻ると、お客様は飛び込みでいらした営業セールスの方でした。
その営業さんが持って来た商材がいいので、私にも聞いて判断してほしかった、と妻。

しばらくその方と話し込みましたが、後半は雑談。その会話の中に、今、自分が決めかねている事柄が偶然にも話題に登ったのでした。
見知らぬ営業氏が飛び込みでやって来て、まさかの会話です。

これは「右にススメ」ということか?

何事も答えは自分が出さなければならないのが一人自営。その答えを、今日、出しました。

このブログを書いていることだって分かれ道です。
数十分前に書こうと決めた自分もいれば、書かないで黙っておこう、となった自分も居たはずなんだ。
日々刻々、瞬間瞬間、人は目に見えない道を選びとっているんだな。

選んだ道はどんな世界に繋がっていくか、誰にもわからない。が、少なくとも今までとは違った世界が、「ちょっぴり」と日常に入り込むことになります。その「ちょっぴり」も「だいそれた」も、実は計っているのは自分だけ。大きな歴史の中の一瞬、でかい地球の片隅、どちらもさして変わりないんだな、きっと。

トップ絵は、東日本大震災の2008年、見知らぬ道をまがった先に辿り着いた、陸前高田の広田半島で描いた一枚。淡彩で描いた船は、「さっぱ船」といいます。
描いた記憶もあせぬ三年後、この風景は、船達は津波の向こうに消え去っていった。
あのとき立ち止まって描かなければ、「今」には繋がっていない、と思います。
「宝物のような浜をみつけたよ!」と、妻に興奮して電話入れたことを、今、ふと思い出しました。


+++アトリエ・アルティオからのお知らせ+++
♢定休日変更のお知らせ♢

日頃当ブログをご覧くださりありがとうございます。
5月より店舗定休日を♢日、月、祝日♢に変更させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいますようお願い申し上げます。

アトリエ・アルティオのネットサイトはこちらです。
http://artio.shop-pro.jp

13062125_609699059194445_2305913251356840742_n.jpg
posted by タク at 20:58| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ!
ついに自民党から立候補!?
Posted by くわちゃん at 2016年05月02日 13:56
くわちゃん、票田よろしく(笑
いやいや、実は、、、なんてことないことだよ〜
Posted by タク at 2016年05月02日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック