2016年10月16日

絵描きのおしゃべり

20161016塩竃神社_古山_水彩_子規.jpg

「ウェスティンホテル仙台」「ダイケンショールーム」「東北大国際教修ゼミ」「広瀬川フォーラム」「広瀬川市民会議」
いままで講演講話や対談を依頼されたパワーポイントフォルダを見てみると、以上のようなフォルダが出てきました。
ほかにも個展のときに、フリーアナウンサー黒田弘子さんやギタリストの那須尚平さんと組んでトリオでのトークライブなんていうのもやっています。
テーマはそれぞれ異なりますが、もちろん核は本業である水彩画やイラストです。
昨日は「旅する画家の目線」という切り口で福島美術館で講話させていただきました。
予約不要ということもあり、どれだけの参加者があるか気にかかるところでしたが、40名ほどのお客様がみえ、ほっ。
私の旅取材スタイルや現地でのクロッキーの絵をスライドで見せながら1時間弱のトークとなりました。
意外に受けたのは、普段表舞台に登場しないラクガキモードのクロッキーブック。

20161016skech005.jpg
作品のベースとなる私にとっての宝物ですが、興味深く皆さんみていらして、それだけでもよかったのかな?

20161016skech004.jpg

しかし、あらためて講話を依頼されると自分自身が客観的に見えてきます。そこもまたおもしろいところです。

ご来場くださった皆様、そして学芸員の尾暮さんやボランティアスタッフの皆様にあらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

20161016DSCN2131.jpg



posted by タク at 16:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。