2017年08月07日

健康優良不良中高年

B8363F2A-C1C8-4A2E-8C93-9CB3CCAF2873.jpg
健康なのか不健康なのかわからない。
夏のはじめ、それも銀座個展の搬入日、仙台出発直前に心の臓に黄信号が点滅、急な入院となったのはブログでも書きました。

その後、経過は良好です。
しかし、血液サラサラのクスリがかかせなくなりました。

ヘタの横好きで、タップダンスを習いに行っていますが、どうやら筋肉の動きにこの血液サラサラ薬がよからぬ結果を及ぼしている模様。

いわゆる強い運動をすると毛細血管がプチプチ切れて筋肉痛に至るわけですが、普通ならほっといても治っていきますね。これが血液サラサラを飲んでいるとどうなるか?血液サラサということは、血小板が少ないということ。ようはカラダの内部でも血が止まりにくい。ひるがえって、切れた毛細血管修復にかなり時間がかかる、ということ。

どうやら、運動後の筋肉を冷やすケアや、連日の運動は避けながらが吉のよう。
タップもそれなりに足の筋肉に負荷をかけるので、今後は恥ずかしがらずにレッスン後シュパシュパ冷却剤をふって、筋肉をケアすることにしました。
こんなことは普通、お医者さんでは教えてくれないですね。今通っているスポーツマッサージの先生に、飲んでいる薬を伝えてわかったことです。

 五十代での手習いならぬ足習いはあれこれ不良に気を配らねばなりませんね。

週末、ここ半年余りの個展の整理=額の整理をしていました。

この絵は、ミステリの挿絵を額装したものです。なぜだか懐かしさに片付けの手が止まってしまった。

posted by タク at 01:15| 宮城 🌁| Comment(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: