2017年08月09日

宮沢賢治が聴いた(であろう)SPレコード音源がCDに

20170810jazz_natsu_jacket1.jpg
仙台在住音楽プロデューサー佐々木孝夫さんから、宮沢賢治がジャズを聴いていた、と聞いたのは昨年のこと。勢いTシャツをタッグで制作、イラストデザインをてがけ好評のうち完売。そして今年はなんと、CD!です。

佐々木孝夫さんから「宮沢賢治が聴いた(であろう)音源SPレコードをCD化する!」ときいたのは春のこと。
「タイトルはもちろん賢治が書いている詩からとって、『ジャズ夏のはなしです』だよ。でね、ジャケットのイラストとデザインをお願いできない?賢治と同じ岩手県人チームで作りたいんだ」との電話が。

もちろん岩手出身者としてスルーできるはずがありません。裏方ですが、ジャケットデザインとイラストを担当しました。
付属のライナーノーツがまたすごい。賢治の音楽世界を、丹念に調べあげて解説しています。全12ページ。

クラシックで宮沢賢治の世界をまとめたCDはあるそうですが、洋楽は、初めてなのです。
さっそく河北新報でもとりあげられました。

CDはまもなくできあがってきます。価格は2592円(税込)。花巻の林風舎や宮沢賢治学会イーハトーブセンターでも販売予定とのこと。

賢治ファン必聴の一枚となることまちがいないでしょう。

新ギャラリーサイトはこちらです。ギャラリーに新しい作品もアップしました。イラストレーション紹介では、賢治のCDに描き下ろしたイラストもアップしています。
https://www.artio.jp
posted by タク at 23:36| 宮城 ☁| Comment(0) | イラストレーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: