2016年05月12日

磁場を持つ水彩画

ときどき「この絵は生きているんではないだろうか?」と、思うときがある。

磁場を作る、とでもいうのかな、数日間という短い期間にその絵に関係するモノゴトや人を呼び寄せる。そんなかんじ。

一週間ほど前、東京からはじめてのお客さんが、ちいさなギャラリー、アルティオにいらっしゃった。その方が「ネットで見て気に入っている絵があった」と、スマホで一枚の絵を見せてくれた。アップしたのがいつだったかは思い出せなかったけど、岩手は金ヶ崎町の西に広がる酪農地帯の一本の道を描いた水彩画だった。遠くに点景で農作業姿の夫婦がたたずんでいる。
「この絵を見ると、主人の両親を思い出すんですよね」と奥様がうれしそうに言った。

すでに嫁いでしまっていた絵なので、残念ながら本画を見せることは叶わなかった。彼女はその作品のポストカードを求めてくれた。

その翌々日、ケータイにメールが着信した。見ると絵の持ち主の友だちだった。彼からメールが来ることはそうひんぱんにあることではない。
「家に立ち寄りたい」との文面に、なんだろうな?と思っていると、私が好きなウィスキーと、とんでもなく嬉しいサプライズをたずさえ,彼は私の家にやってきた。サプライズの内容は残念ながらここではあかせないけれど、年代物ウィスキーがふさわしいすてきなことだった。
もちろん話を聞いたあと、東京からいらしたご夫妻のことを思い出していた。

そして今日。東京のご夫妻からメールが着信。
「東京の自宅近所の知人に金ヶ崎の絵のポストカードを見せたら、なんと出身が金ヶ崎の方でした!この道、自転車で走っていた、ですって」

水彩画はペラペラの水彩紙に、水で溶いた透明水彩絵の具が定着してる平面体に過ぎない。
だけど絵は風景が自分の深いところと共振した結果だ。共振は波動だ。作品が音叉になって耳に聞こえない波動を発信しているとしてもなんの不思議は無い。
描いたときの気持ちはエネルギーとなって、絵に刷り込まれる。ゆえに電波を発信し続け、波長が共振した誰かを呼んでくれる。たぶんそうだ。そう思いたい。

私の風景水彩画のモチーフの根っこは旅風景だ。
一人で見ず知らずの風景を探しさまよう非効率な作業だ、といえばカッコつけ過ぎか。でもラクな取材では、発する共振は多分、弱いんだな。

文末にアップした絵のタイトルは「蝦夷(えみし)の地へ」。実は、岩手の英雄「阿弖流為」の駆けたであろう景色を探し求めた取材で見つけた景色だ。あらためて一連の出来事の末、ふと思ったのは「自分の足で迷うことの大切さ」だ。

この数日の出来事は、あらためて迷い歩くことを思い出せ、と、教えてくれたように思う。

20160511iwate_kanegasaki_watercolor.jpg


+++

アトリエ・アルティオのギャラリーショップサイトはこちらです。


posted by タク at 00:00| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

東北大学農学部水彩風景

前から描いておかなきゃ、と思っていた風景があります。「東北大学農学部キャンパス」です。
場所が自宅から町ナカのアトリエギャラリーへ通う道筋にあるだけに、いつも自転車でかっとばして横目に素通りでした。広い敷地にフェンスが張り巡らされていて入れないのですが、町のど真ん中にある仙台のオアシスです。

いずれ無くなってしまうオアシス的風景です。「描かねば」と思ってはいたけど、正直、ピンとこない風景でした。自分の絵は義務感で描くとたいてい本末転倒になりますし。

それが先日ようやくフェンス越しに、「あっ♩」となりました。なので描いたさらっと一枚ですが、やっぱりなんてことのない風景ですね。でも仙台市民として義務を果たせたようで、ちょっと満足、かな。

20160509東北大農学部002_2_3100.jpg

明日はアトリエギャラリー・アルティオの定休日変更後、はじめての火曜日営業日です。
先月4月までは、月曜火曜、祝日を定休日にしていましたが、諸事情鑑み、5月から日月、祝日を店舗定休日とさせていただいております。
もっとも制作アトリエの自宅仕事場ランズエンドは月曜からフル稼動しています。あらためてよろしくお願いいたします。

posted by タク at 00:30| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

東北イラストレーターズクラブ創立20周年記念展 『ハタチのTIC。』

東北イラストレーターズクラブ創立20周年記念展 『ハタチのTIC。』がいよいよ25日からはじまります。
メンバーの私も出品します。今回はあえて水彩風景を封印?して、テーマの「東北」を縄文人になったつもりで??思い切り楽しんでみました。
業界の方もそうでない方もどうぞ足をお運びください。
以下、TIC展実行委員会からの挨拶文です。
++++
東北イラストレーターズクラブ(TIC)はおかげさまで創立20周年を迎えました。
支えて下さった皆様への感謝と、今後の発展を祈念し、ちょっと遅めの「成人式」と題した企画展を行います。

「東北の観光」をテーマにしたTICメンバーによる合作や「東北」をテーマに制作した個人作品の展示、普段の仕事で描いたイラストの紹介など盛りだくさんの楽しい内容になっています。

http://20th.illustrons.com

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

会期:2016年3月25日(金)〜30(水)
   AM10:00〜PM8:00(最終日はPM5:00まで)

場所:せんだいメディアテーク5Fa

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

オープニングパーティ

日時:2016年3月25日(金) PM7:00〜9:00(受付PM6:30〜)
場所:せんだいメディアテーク1F クレプスキュール・カフェ
前売りチケット:¥1,000(軽食付き・ワンドリンク)
※参加ご希望の場合は、メール(info@illustrons.com)またはTICメンバーまでお問合せください。

tic_20th_exhibition_image.jpg

tic_20th_exhibition_image_ura.jpg


posted by タク at 01:49| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

土木の現場へ

名古屋に出張です。
土木会社さんからの依頼で、土木現場を水彩画で描きます。

誰だったかな、歴史に名を残した絵かきが言ってましたね。「どんなところにも美はあり、それを見出すのが芸術家だ。」

まさにそう思います。
実は土木現場の重機であっても、作業員の佇まいであっても絵になる、と私は思っています。
美はいたるところにある、それを再確認する出張です。

しかし、何よりすごいのは、「土木の現場は絵になるはずだ。それを描いてくれ」と言いきり、連絡をくれたその会社の社長です。
その言葉に答えるべく一泊二日。じっくり現場に溶け込んでくるとします。

この仕事のきっかけは、今となっては絶版のこの画集でした。
海でも陸でも汗して働く現場は絵になるのです。

90698688-31CD-437B-AD83-AA28940BA4E0.jpg




posted by タク at 00:50| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

てさぐり

20160207image.jpg

制作はいつも「てさぐり」だなあ、と、描き進めていて改めて思う。

構成デッサンまでは手探りということはなく、ブラッシュアップという感じなのだが、本制作となるとたいがい手探りだ。
「ここの色はオレンジか、だったらこっちはブルー系にしよう」とか、「黒く見せたいけど、どんな色だと自分ブラックになるのかな、、、」「確かに実際はこの色なんだけど、オレの思ってる色、違うよな」なんてかんじで、塗り進める(置き進める)色合いや心情によって左右されていく。

といってもビビりながらとか考えながら進めているわけではなく、多いに頼るのは直感。
もちろん彩度、色相も考えてはいるので、全くの直感だけということではない。
使う絵の具は透明水彩だから、一回塗ったら消すわけにも行かず、直感も塩梅がむずかしい。

4月頭の盛岡川徳での水彩画展の本制作が、他もろもろと同時進行している。
岩手の実家は、昨年春に無くなってしまった。だけど、描きながら「岩手のいろんなこと」を思いめぐらすあたり、あらためて「ココロに故郷在り」なんだなあ、と思います。
その想いを絵に色合いとして出せればいいな。

絵は制作途中の岩手を題材に下絵の一部。
まだまだこれからだね。
posted by タク at 18:14| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

イタリアの水彩エキシビジョン

イタリアに「ファブリアーノ」という歴史の古い水彩紙メーカーがあります。
この春、世界中の水彩アーティストの作品を一堂に集めて展示するエキシビジョンがイタリアで開かれます。わたしも有り難くもお声掛けをいただいて、参加することになりました。

その作品が、今日午前中で、仕上がりました。
もちろん使った水彩紙は「ファブリアーノ」。ハイクラスの紙を注文しての制作でしたが、さすがに描き心地がよかったです。
絵はスペイン在住の日本人水彩アーティスト星野敬子さんがマット入れやイタリアへの発送をとりまとめてくださるので、明日、ロールに入れた絵が旅立ちます。スペイントランジット・イタリア行き、です。
まだ絵の画像は公開はできませんが、ひとつ大きな仕事を描き終わってちょっとほっとしています。

イタリアと言えば、娘が卒業旅行で今、イタリアを旅しています。大学で彼女は「イタリア美術史」を学びましたが、今回の旅はその総仕上げなんだろうな。
絵の取材旅に連れてはじめてイタリアを旅したのは彼女が小学生4年生の時でした。ちいさかった彼女の眼に映ったイタリアは、今、どんな風にうつっているんだろう?

20160117venezia.jpg
この写真は娘が送ってくれたもの。ベネツィアの夕焼け。うれしいラインでの手紙でした。

明日は仙台も大雪の予報。
アルティオに広告代理店の方が新規のイラストレーション仕事の打ち合わせに来る予定。
まずはアルティオ前を雪掻きしなきゃな。
posted by タク at 00:14| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

水彩雪景色

20160114雪鳴り001.jpg

明日は久しぶりの青葉アートスクールスクール水彩講座です。
雪景色の描き方がテーマというわけで、今まで描いて来た雪景色の絵をリストアップしてました。

さてこれはどちらの雪景色でしょう?
…っていったって、わからないですよね。こたえは津軽の金木(=五所川原市)です。(前にアップしてたらごめんなさい)

津軽といえば地吹雪で有名ですね。文豪太宰の故郷でもあります。二年ほど前、弘前のギャラリーで書家の友人と津軽をテーマに二人展したこともありました。

津軽の冬は、強烈です。地吹雪といいますが、天地左右から雪がたたきつけてきて、外で数分も描けない。鉛筆も雪でのらない。苦行みたいなものですね。

いちばん印象にのこったのは、道行く町の人に尋ねると、みんな「けらっけら」と話すってこと。道聞いただけなのに「ほれ、もってげ」ってりんごまでもらったりして。あんな天候をも笑い飛ばす津軽人、じょっぱりとはいったもの。好きです、そんな津軽。

ちなみに、この絵はもちろんアトリエで仕上げています。
板塀を描くことで建物下部に吹寄せられた雪を描き出して(塗り残して)いますが、紙の白地を気持ちよく潔くソリッドに残して描く雪景色は、制作に独特の緊張感があって好きです。
雪を描き出すのは、神との対話ならぬ、紙との対話、だね(いてて、、、笑)
posted by タク at 21:07| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

動くこと

20160109redbreast&whitesheep001.jpg

「レッドブレスト&ホワイトシープ」そしてストーンサークル。
イギリスのソールズベリ近郊を旅した印象を描きました。ストーンサークルは遺跡として有名どころですが、ソールズベリという町が基点となります。
ここのところ、自分のやってきたことが、続けて人様のメディアでレポートしていただいけています。
そんなレポートを読むと、あらためて描くこと以上に動き続けることが自分の画業における核のような気がしています。

おとといのこと、とある企業の企画の方から電話をいただきました。
描く仕事の話ではなく、震災後の活動に関してのことでした。20分ほど話し込んだでしょうか。その方とは11月の銀座の個展で初めてリアルでお会いしています。
まさか、そんなお話が電話で問いかけられようとは思ってもいませんでしたから、うれしい電話でした。

描いて、同時に動いて,人様とつながって、生きていられる。
こうでなければならない、という既成概念に縛られない自由なスピリッツで動きたいものです。

自分のイラストや絵ではサークルモチーフをよく用いますが、それはいろんなものと繋がるサークルという意識の具象化でもあります。

昨年の11月、七ヶ浜で開催された「はまのわ」展で展示された水彩風景画展のことが主催のレスキューストックヤードさんのブログで紹介されました。
よかったらごらんください。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2016/01/hamanowa2.html
スクリーンショット 2016-01-09 23.59.52.png

ミニギャラリー・アトリエ・アルティオは、今日1月9日で二年目がスタートしました。
今日は、一周年のお祝いに、と素敵なお花を持って来てくださった人形作家藤村みゆきさんと、2月19日からアルティオにて開催するコラボ展の打ち合わせとなりました。
ご期待ください。

posted by タク at 00:31| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

Japanistaで紹介されました

スクリーンショット 2016-01-07 16.50.39.png
海外メディアのJapanistaで、震災以降の復興に関わってきた作家として紹介していただけました。
Japanista

記事をまとめてくださったのは、英国在住の記者Rさん。

実は毎回英国を旅する度、お世話になっているS.W夫人という方がいます。彼女は震災直後も教会で復興支援チャリティを開催するなどしていました。わたしもそのチャリティのため、ポストカードやポスターをを英国に送りました。
彼女が記者のRさんに繋いでくれて、今回記事をまとめてくれました。

記事になったというと、なんだか一大芸術プロジェクトかシンポジウムでも仕込んでいるような、そんな大げさな活動をしているように見えますが、私がやってきたことで大層なことは何一つ無いです。
震災以降、こちらも生きるために、ほそぼそと繋がりに感謝して、できることをやってきただけです。
それが時系列になるとひとつのストーリー=記事になるのですね。
まとめてくれた記者のRさんに感謝です。
ありがとうございました。

ちなみにRさんは、以前、AMAでも取材をしてくれています。
スクリーンショット 2016-01-07 16.51.13.png
そちらの記事は、こちらです。

posted by タク at 16:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

中部土木さんと水彩画

20151102商工中金写真小.jpg

カレンダーものこすところわずかとなってきました。
写真は昨年仕事で手がけた商工中金カレンダーです。二ヶ月1枚に一点の水彩イラストを描きました。なので、これがラストの絵柄、浅草寺です。なんと早い。。。

一年のうち、イラストの仕事と個展の水彩仕事と二つのバイオリズムが微妙にずれながら追いかけっこ、そんなかんじで日々すごしているわけですが、たまに両方とも谷間にあたるときがあります。
個展の終わった直後にイラストの仕事のスケジュールが余裕あったりすると、もうだめですね。
のほほんと過ごしてしまいます。
これに活を入れるのは、ドカドカとしたロックBGMにかなうものは無い。藤崎個展が終わってからというもの、どうにも気分がゆるんでしまい、この2週間はロックかけまくりでたるんだ性根たたきなおしつつ仕事してました(笑)

閑話休題
20151102cyubu_illust_recruit001.jpg

先日、縁があってつながった、名古屋の土木会社「中部土木」のN社長らが,ミニギャラリーのアトリエアルティオに来訪。
「土木の現場はクールなんだ」
そんな社長のロックなプライドを受けて、ビジュアルに描いた初仕事は昨年のこと。
水彩画で工事現場を描き、土木会社のキャラクターデザインを手がけました。今も現場のトイレカーの側面デザインなど仕事をいただいています。

もともとN社長は震災直後、単身ボランティアで宮城の七ヶ浜町にはいりました。
現地の方とN社長の付き合いはその後も切れず、わたしも縁をいただき、いまにいたります。
夜は行きつけの寿司屋で歓談。
現場の話や絵の話、震災復興の話と時間があっと今に過ぎていきました。

年明けには、わたしも再度名古屋の工事現場へ詣でてきたいと思います。

posted by タク at 11:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

天龍閣さんと旅絵描き

旅館天龍閣さんに伺いました。
伊達政宗の御霊廟「瑞鳳殿」の入り口にあります。
女将さんには画集「広瀬川小さな旅」の水彩画額装作品を一点嫁がせていただいたのが縁で、公私ともにお付き合いさせていただいています。

旅館に入ると、廊下の壁面に役者さんの写真がずらりと並んでいます。
きくと女将さんの旦那さんは役者さんだったとのこと。歴代の舞台、銀幕の名優が女将さんを慕って訪れています。
ほかにも相撲部屋が旅先の宿に使ったりと、宿泊客はさまざまな人たち。そもそも旅館は様々な商売の人たちが訪れるところ、です。
私はそんな昔ながらのいわゆる「旅籠」が好きだったこともあり、お湯をいただきにいったり、ついでにお昼もとったりしています。ギャラリー、アルティオからもクルマで5分ですし(笑)
広瀬川を眼下に見下ろす高台に発つ天龍閣さんを偶然描いていたのが、女将さんの友人の目に留まったのがそもそもの縁、「有難い」出会いとはとはまさに、です。

image-1.jpeg

image.jpeg

gasyu_kokuchi.jpg



posted by タク at 13:08| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

水彩作品紹介

先日藤崎で開催された個展作品を一部紹介します。

hagisobyo.jpg
萩素描

niasory.jpg
ニアソーリー

windsor.jpg
ウィンザー

cafe.jpg
カフェへ-自転車のある風景

posted by タク at 09:05| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

ジープ島王国001

【ジープ島王国】No.001

届きました♩

私の水彩画とエッセイも掲載いただいてます。


ジープ島とはミクロネシアに浮かぶ直径30メートルほどの小島です。

今や様々な媒体にも取り上げられ、知る人ぞ知る、の隠れパラダイスになっています。

そんな島の魅力が19ページにぎゅっと詰まった一冊です。


限定50部、アトリエアルティオでテイクフリー*\(^o^)/*♩

ジープパラダイスに興味わいた方、アルティオにどうぞお立ち寄りください。

050E43FA-FCA4-47B6-96F8-9897E4CA911F.jpgCD54D25C-CFD5-4A30-A5F8-C52D8A447A3F.jpgB0D6B0C2-F074-4B48-BA7D-4D76140EF621.jpg

posted by タク at 00:58| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

チェリストからの注文

chelo.jpg

アルティオにいらして、ご注文いただいた水彩画が、完成。お客様のご自宅壁面へおさまりました。
チェロを弾かれるYさんからのオーダーです。
ご自宅へ取材に伺って、実際に演奏をおききしてクロッキーをしました。本制作はそのクロッキーアングルとは違ったものになりました。ですがよろこんでいただけて、ほっとしました。
音楽と絵はひとつ、のような気がしています。
Yさん、ありがとうございました。

そんな今日、ギタリストの友達、Nさんから電話着信。
思いがけない仕事につながるかも、の、わくわく電話でした。
音楽とイラストや絵がぐるぐる繋がってます。

posted by タク at 01:08| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

石神の丘美術館展作品メモ

石神の丘美術館展作品メモ

11188473_434279633419895_7712327956564669714_n.jpg

『凱歌』2009年 画材・小倉和紙にアクリル

個展「北欧の旅」で発表した作品です。
北欧を旅したのは2009年ですが、バルト三国・エストニアの首都タリン郊外に、独立を記念した広場があります。
エストニアは、歌を愛する国としても有名ですが、独立の凱歌が記念広場の石碑に刻まれていました。
意味はわかりませんでしたが、ごつい書体が刻まれた碑に釘づけになり、どうしてもアルファベットモチーフを絵にしたいと思っていました。
用いた画材は、小倉和紙とアクリルです。小倉紙をパネルに貼りつけ、地塗りをして、自分の中のイメージと和紙マチエールがフォーカスしてくるのをじっと待ちました。
やってきたのは「凱歌から立ち上がる町」でした。
降ってきたイメージを、刷毛で描き上げた作品ですが、アルファベットを黒い線や面で表現しています。
アルファベットはそれぞれただの記号に過ぎませんが、組み合わせによって喜びにも哀しみにも希望にもなります。
凱歌を謳うように描けないかな、と、筆を持ちましたが、その「筆の叩きつけや和紙へのかすれ」が、謳うことと似ているような感覚でした。


11193236_433194776861714_4534520296942607556_n.jpg

「アイルランドの小屋」

アイルランドの西の果てにアラン諸島があります。
岩くれだらけのこの島は、シングの戯曲やアランセーターでも有名です。
諸島のイニシュモア島に旅したのは1999年のことです。
私の興味を引っ張ってならない「ケルト」の総本山的国アイルランドの旅の最終目的地に、その旅でわたしはイニシュモア島を選びました。
(このときの旅のルート結果は、ダブリン→コーク→リムリック→ゴールウェイ→アラン諸島→ダブリン。)
島には2泊ほどしましたが、島の町外れに気になってしょうがない一軒の小屋がありました。
実は何度も制作にチャレンジしていましたが、そのたびに挫折。思いが入らず、「ただの小屋絵」にしかならない…。
この絵の制作は、取材から10年以上たった2013年の冬です。「あたたかな部屋」展という冬の個展の時、ようやく描くことができました。
今回の展示ではヨーロッパコーナーのトップに架けています。

+++
岩手町町制施行60周年記念『古山 拓 水彩画展』Drawing under the sky
会場:岩手町立石神の丘美術館
会期:2015年4月18日〜5月31日
開館時間:9:00〜17:00(入場は16:30まで)
休館日:毎週月曜 ●5月4日(月祝)は開館いたします。
観覧料:一般300円/大・高生200円/中学生以下無料
+++

11164594_807019002712681_6804315908824948683_o.jpg
posted by タク at 00:37| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

フランスからの取材

とある縁で、フランスの美術関係の出版社が運営しているアート系ウェブサイト『AMA』の電話で取材を受けました。
言語はフランス語と英語ですが、紹介されましたので、よかったらどうぞごらんください。

記者の方は、母方が日本人ということで、日本語も流暢とはいえないまでも話せる方で、英語と日本語をとりまぜつつのゆっくりとした電話取材でした。が、とてもよくまとめてくれました。

スクリーンショット 2015-02-14 17.13.39.png
posted by タク at 17:16| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

仙台藤崎個展のご案内

fujisaki_2014_dm1.jpg
10月2日から、仙台藤崎で個展を開催します。
エミリー・ブロンテの名作文学「嵐が丘」。その舞台となったイギリス・ヨークシャー地方を取材した水彩画個展です。
ブロンテがかつて暮らしていた町ハワースや、『ムーア』と呼ばれる広大な大地。点在する小さな村々や、歴史を感じさせる古都ヨーク。そして北海に面した小さな漁村。絵筆で切り取ったイギリスの水彩旅風景をぜひこの機会にご高覧ください。ご来場をお待ちしています。

■会期:平成26年10月2日(木)〜10月8日(水)
 (最終日は午後4時半閉場)
■会場:藤崎本館 6階美術ギャラリー
 仙台市一番町三丁目2-17 電話022-264-5111(藤崎・代表)

posted by タク at 09:45| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

Facebookページ作りました

facebookpage.jpg

フェイスブックで個人ページを持っていましたが、作家としてのページを作りました。

水彩画作品と、イベント情報を中心にアップしていきます。
ブログとあわせて、どうぞ、ぜひご覧ください。



posted by タク at 11:11| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

不思議な買い物

「あの絵、もう売れてしまいましたか?」
とある若い方が、連絡をくれました。
「いえ、まだ、ありますよ」
「一回では払えません。必ずお支払いしますから、分割にしてもらえますか?」
若い彼にとって、決してそれは安い値段ではありませんでした。
「もちろん、いいですよ。ありがとうございます!」

絵を持って行くと、大事そうに「生まれて初めて「絵」を買いました。すごくうれしいです。この絵を見ると師匠のことを思い出すんです。」
と話してくれました。

それから毎月決まった日に、しっかりと振込がありました。
今月、最後の振込があり、私も領収書に添えて御礼の手紙をしたため同封したところ、返事の手紙をもらいました。
「ようやく自分の絵になりました。」と丁寧な文字で、気持ちが綴られていました。

その絵は、彼のところへ行くことが決まっていたんだなあ、きっと。

絵って、本当に不思議な「買い物」だと思います。まるで、行き先を知っていたかのように、買ってくれた方の手元に渡ります。
業界用語で絵の行き先が決まることを「嫁ぐ」といいます。
本当にそうだなあ、と、今回も手紙を読みながら、あらためて思いました。

いいところへ嫁がせてもらって、こちらこそ有り難うございました。



posted by タク at 20:11| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

「第4回日本透明水彩会展」はじまる

20140408DM001_150.jpg

「第4回日本透明水彩会展」が、今日から横浜の赤レンガ倉庫1号館ではじまりました。

日本全国はもとより、海外からも作品が寄せられています。透明水彩を使う作家29名が出品。
私も数点ですが末席を汚させていただいております。

会期中残念ながら私は会場受付に入ることができませんが、お近くの方はぜひぜひ足をお運びください。

「第4回日本透明水彩会展」
会期2014年4月8日(火)〜14日(月)
10:00〜18:00(最終日16:00)

会場/横浜赤レンガ倉庫1号館スペースC
横浜市中区新港1−1−1
みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩6分
posted by タク at 13:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水彩画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。