2012年07月14日

東京新聞「ショッパー」掲載

川口市で来週から開く震災復興支援個展のギャラリー対談のお相手、木村裕美さんが、出張の帰りに仙台で途中下車。さきほど、仙台駅のカフェで初顔合わせ+対談打ち合わせ無事終了です。
「先日折り込まれましたよ」と、東京新聞「ショッパー」のさいたま浦和川口版を持ってきてくれました。

553141_336302483117671_1008205856_n.jpg

初めてお会いする方なのですが、共通点が非常に多く、2時間があっという間でした。

++++++++++++

川口市で震災復興支援企画展。「東北風景」展・開催のお知らせ

埼玉県川口銀座商店街様からお声がけいただき、透明水彩画による東北風景の個展をひらきます。商店街の運営する「燦ぎゃらりー」にての開催です。私も一週間会場入りいたします。川口では初めての個展です。お近くの方、ぜひ足をお運びください。

−燦ぎゃらりー・リニューアルオープン展−
震災復興支援企画 古山拓個展「東北風景」
■2012/7/18(水)−7/23(月)
■11:00〜18:00(最終日16:00終了)
◎会場・燦ぎゃらりー

埼玉県川口市栄町3-11-22
■主催/川口銀座商店街振興組合
■問合せ先/樹モール事務局・電話 048(256)0404
※入場無料

リニューアルオープンイベント・ギャラリートークライブ開催
「東北風景 昨日 今日 明日」
7/22(16:00〜17:00)
まちづくりコーディネーター木村裕美さんを司会に迎えての対談とミュージシャン谷介さんの音楽でお楽しみください。
20120701_DM002.jpg


posted by タク at 19:06| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川口個展作品制作終了

今日アップした絵は、来週からの川口個展に出品する一枚です。これで川口個展用の絵の制作は、無事終了。
あとは、プライスシート作りや、プロフィールパネル制作など、細かい仕込み。で、梱包発送だ♩
同時に山形個展(8月末)と藤崎個展(10月初旬)の制作ギアが3速へはいるという算段です。川口へ旅立つ17日前には(ということは、この連休ってことだ)山形個展のDMデザインを完成させねば、ちょっとアブナイ黄色信号点滅。。。

そんな明日、川口の個展会場でギャラリー対談の進行役をお引き受けくださった、まちづくりコーディネーター・木村裕美さん(川口在住)と仙台でお会いする事になりました。どんな縁になるか、今からとても楽しみです。
対談のタイトルは「東北風景 昨日 今日 明日」。(7/22・16:00〜17:00会場にて開催)
何を伝えたいか、あらためて自分と向き合ってみます。

+++++++++++++++++++++

9木霊1180.jpg
「木霊」
岩手の北上山地の山の中に、開拓村が点在する。
これは薮川地区を描いた絵。そこは冬になると凍てつく寒さとなる。過去には本州での最低気温を記録しているエリアだ。
ちなみに、私が幼少時代暮らしていた地でもある。

title[Echo]
It is dotted with an exploitation village in the mountain of the Kitakami mountain land in Iwate.
This is a picture drawing Yabukawa division.
becomes winter, it will serve as cold.
It is the area which is recording the lowest temperature in Honshu Japan on in the past.
Incidentally,I lived in yabukawa at the time of 2 to 3 years old.

絵のキャプションは友人からのアドバイスを受けて、翻訳ソフトで訳した(ってとこが情けないな)英語バージョンも載せてみました。(通じるかどうかの保証は、ないなあ....汗)

++++++++++++

川口市で震災復興支援企画展。「東北風景」展・開催のお知らせ

埼玉県川口銀座商店街様からお声がけいただき、透明水彩画による東北風景の個展をひらきます。商店街の運営する「燦ぎゃらりー」にての開催です。私も一週間会場入りいたします。川口では初めての個展です。お近くの方、ぜひ足をお運びください。
この個展会場ではチャリティ募金も受け付けます。また展示作品もチャリティプライスでの発表とし、売上げの一部は、義援金受付窓口「Save Sendai 311」を通して、復興支援団体、機関に寄付されます。

−燦ぎゃらりー・リニューアルオープン展−
震災復興支援企画 古山拓個展「東北風景」
■2012/7/18(水)−7/23(月)
■11:00〜18:00(最終日16:00終了)
◎会場・燦ぎゃらりー

埼玉県川口市栄町3-11-22
■主催/川口銀座商店街振興組合
■問合せ先/樹モール事務局・電話 048(256)0404
※入場無料

リニューアルオープンイベント・ギャラリートークライブ開催
「東北風景 昨日 今日 明日」
7/22(16:00〜17:00)
まちづくりコーディネーター木村裕美さんを司会に迎えての対談とミュージシャン谷介さんの音楽でお楽しみください。
20120701_DM002.jpg
posted by タク at 00:52| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

新聞コラムで川口展

河北新報7月7日付け夕刊のコラムで、7/18からひらかれる川口個展の事がとりあげられました。

震災復興支援の企画展にいたったいきさつが、コラムの中ですっきりとまとめてもらえて、うれしい記事でした。

夕刊編集部の方に多謝!です。

DSCN8438_2.jpg
posted by タク at 10:24| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

日貿通信に掲載

「水彩で描く美しい日本」でお世話になっている日貿出版社さんから封筒が届きました。あけたら「日貿通信」が同封されていました。
目を通してびっくり、6月あたまに銀座で開いた個展「東北とケルティックランド」のことが結構大きくクローズアップ。

20120629nichibo.jpg

「通信に載せますから」といわれ写真も提供していたけど、まさかこれほどスペース割いてもらえるなんて思ってもいなかったので、正直、うれしはずかしです。
7月18日からの埼玉川口市「燦ぎゃらりー」開催の震災復興支援個展の事にも触れてくれていて、感謝でした。

posted by タク at 18:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

川口個展・燦ぎゃらりー・リーニューアルオープン展・「東北風景」

「燦ぎゃらりー・リーニューアルオープン展」として開催予定の個展「東北風景」の仕込み打ち合わせが、かちっ♩とギア3速へ入りました。
有り難き哉、埼玉県川口市の川口銀座商店街振興組合さんからご依頼いただいての開催です。

会期 7/18〜23
会場 燦ぎゃらりー
7/21にはリニューアルオープンパーティが開かれ、
7/22にはギャラリー対談ライブをします。
ご一緒する予定の木村裕美さんのサイトはこちら
http://sangakukan.jp/journal/center_contents/author_profile/kimura-h.html
そして、ギターライブをしてくださる谷介さんのサイトはこちらです。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=tani_39

震災復興支援個展なので、たくさんの方の気持ちと東北をつなぐためにも、全日会場入りの方向で、ただいま調整中です。
posted by タク at 15:09| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

旗をあげた日

2002syomeido00172.jpg

東京で初めて個展を開いたのは、たしか1998年だった…と記憶しています。
ひょんな縁で、小平市鷹の台にある、松明堂書店地下の松明堂ギャラリーで2002年まで都合三回ひらきました。
1997年に仙台で初めて個展を開いた勢いで、つっぱしっての個展開催でした。
今思うに、作家としての心構えなんて何もわからず、「見て見て、わたしを見て〜」的、「おれ、東京(近郊だけど)でヒトハタあげてくるよ〜」的、今振り返るとま〜〜ったく恥ずかしい心構えの個展でした。
ただ、一つだけよかったな、と思えるのは、オーナー夫妻がそんな私を「しゃあないなあ」と見守って受け入れてくださり、たくさんの叱咤を毎回もらったことです。

誰も私のことを知らない地でのアウェイ開催。その中、一点でも嫁ぐとそれはうれしいわけです。
舞い上がる私を、オーナー社長はその度飲みに連れて行ってくれました。
そこで繰り広げられたのは、
映画「寅さん」のような世界。
「おまえ、わかってないだろ?いいか、絵が売れたってこたぁなぁ、、、」
と、舞い上がる若造は、こってりと絞り上げられたのでした。

小平でひらいたそれらの個展から、ほぼ10年がたち、今回ひさしぶりに東京での個展がスタートしたとき、社長のかつての言葉を思い出しました。
「絵を買ってくれる人は、「お前の将来を見続けるぞ」、っていっているようなものなんだ。わかるか?この重さが。これからさき、どんなにつらくとも筆が折れないことを肝に命じること」
「自分のフィールド、東北にとことんこだわり続けろ。やり続ければ結果ってなあ、後からついてくる。」
(↑山田洋次的世界でね=笑)

あれから10年が経ち、久しぶりにアウェイの地で展示した「東北とケルティックランド」展は、人様の遠い縁でもって、たくさんの方の目に絵を見ていただくことができました。あらためて、「縁」は「見てくれている」ことを実感した個展でもありました。

会期途中、5月31日。
松明堂(いまは閉じてしまいました)のオーナー夫妻がきてくれました。
ふらっとあらわれ開口一番、
「お、やってるねぇ。絵描きになろうなんて思ってるんじゃないだろうな」とニヤリ。
お、きたきたっ!はじまるぞ♩…と、思った私の気持ちを察したのか
「そんなことを言ってほしいから、案内くれたんだろ?さて、今日は築地だ。寿司でも食いにいくか」
「はい!!!」

築地での時間が、東京での、珠玉の時間のひとつだったのはいうまでもありません。

1998年、松明堂ギャラリーで開催した「陸奥紀聞」展からはじまった東京での個展は、ちょっと途中空きができてしまいましたが、これから先、隔年で開いていくつもりです。

ご来場くださった大勢のお客様と、さまざまな縁をつなげてくださった皆様に、心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました!

写真は2002年に開いた「素描陸奥」展、松明堂ギャラリーの外観です。掲げられている旗は、搬入後、ギャラリーの床面で作ったもの。作家自身の旗を掲げることが、松明堂展示作家の恒例行事でした。
作家が「オリジナルの旗を作って掲げる」というすんごい意味が、10年たった今になって、ようやくわかりました(理解遅いって!=汗)

というわけで、松明堂からギャラリー喜久田展へと立ててきた旗は、このあと7月18日からスタートする埼玉県川口栄町商店街主催震災復興支援「東北風景」展(会場・燦ぎゃらりー)と、8月に山形市大沼デパートで開催する個展へと続いていきます。


posted by タク at 09:46| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

うれしいブログ

東京銀座ギャラリー喜久田での個展を終え、仙台に戻りました。
昼夜とパソコンに向かう時間がとれずでしたが、奇跡の(笑)生還。

最終日、縁深いかたがたがたくさん訪れてくださいました。
そのなかの出会いの一つが、素敵なブログに公開されています。
土井結子さんと土井一郎さん、そして泉璃ちゃん一家です。

最終日報告にかえて、
結子さんのブログを、ぜひ、ご覧いただけるとうれしいです。
「Voice of Yuko」です。(私のブログからリンクでもいけます)
http://blog.goo.ne.jp/196-2004/e/984a033ce1cc622ebb0ee489f64085df



東京のいろいろ感じたことなど、のちほどまとめたいと思います。


posted by タク at 08:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

銀座展後半戦はじまる

image/2012-06-01T08:31:25-1.jpg
28日にスタートしたギャラリー喜久田で開催中の「東北とケルト」の個展も、あと三日。後半戦突入です。
今朝の読売新聞都内版に、イベント情報として銀座開催中の個展案内がのりました。
だれかのアンテナにひっかかるといいな。

いろんな方がいらしてくださってます。
昨日は仙台の友人の縁で、銀座に画廊を構えるギャルリーた○めながの会長さんご夫妻が来訪。さらには仙台のケルト仲間のギタリストの友人も訪れてくれ、人はどこで誰とつながっているかわからないことを実感させられるのが、アゥエイな地での個展です。

そんななか、来月開催の個展仕込みが進行中です。

先日、埼玉県川口市の商店街の方が見えられ、来月18日から同商店街燦ギャラリーでスタートする震災復興支援個展の打ち合わせをしました。
担当の方とははじめてお会いしましたが、とても気持ち良い打ち合わせでした。わたしも四日間は会場に入ることになりました。
お近くの方、ぜひいらしてくださいね。
内容は東北の絵のチャリティ展となります。

夜、ホテルでメールをチェックすると、以前訪れたミクロネシアはトラック諸島ジープ島のオーナー氏から「島へ来るダイバーたちにも伝えておいたからね」、と、嬉しいメールがはいっていました。
氏からは別件の誘いもあり、ジープ島にあらためて楽しく絡む可能性も出てきました。

あまりにたくさんいろんなことがありすぎる銀座個展。やはり銀座という場所は、吸引力がある場所なのかもしれません。



posted by タク at 08:58| 宮城 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

築地

image/2012-05-30T21:30:52-1.jpg
心の師(鬼軍曹ともいう)、10年前に三年お世話になり、今は閉じてしまった小平の松○堂ギャラリーの社長と奥様に築地の寿司屋につれていってもらいました。
もちろん、これから10年のためのガッツ入りの言葉と根性いれてもらうため。

10年前に社長のギャラリーで個展したときも、毎日が大切な手厳しい言葉もらえる連続でした。

今回何を言ってもらえたかは、えへへ、ヒミツだけど、最高級のカンフル剤もらえました。これは、来年の大きな動きにもからんできます。

お寿司と酒も最高だったのは、いうまでもありません。社長、奥様、ごちそうさまでした!
posted by タク at 21:35| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座個展三日目

image/2012-05-30T09:59:28-1.jpg銀座のギャラリー喜久田にて個展がスタートし、三日目の朝です。

お蔭さまで「どこの馬の骨」の個展にたくさんの方々にご来場いただいています。
はじめていらしてくださったお客様から、仙台を拠点に東北とケルトを我流で追いかけていることへ「痛快」という嬉しいメールをいただけました。

今日も一日、どんなお客様に出会えるか、たのしみです。
posted by タク at 10:06| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

ありがたき哉!

盛岡個展を終え、一週間ぶりに仙台に戻りました。

残務整理にお荒れていた昨日、個展で「バルセロナスイーツ」をお求め下さったお客様から、壁面に架けられた様子の写真を送っていただきました。なんと素敵にもスポット照明つき!
ちなみに今までこのお客様の宅には3点が嫁ぎ、居間と玄関にも飾っていただけて、感謝の言葉以外ありません。
写真の「バルセロナスイーツ」はモルトの棚の上に鎮座しています。

P1000085.JPG

このお客様とは、一年前、盛岡リリオ展のときに偶然訪れたのが縁で、おつき合いをいただいています。
そのきっかけもまた、酒の席でひとエピソードできるほどの偶然の重なり。
一度など、お客様の家のシェフ付き(!)夕食会に招かれたことがあります。

出会いは必然、嗚呼、ありがたき哉!

そんな具合に静かに盛岡個展の波は引きつつありますが、銀座個展の制作ビッグウエーブがどどどときてます。
今朝は、制作している夢で目が覚めた(笑)
日貿出版さんが、ブログで個展のご紹介をしてくださいました。

20120511.jpg

ありがたき哉!!です。


posted by タク at 10:26| 宮城 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

陸前高田の蔵

おはようございます。個展も後半戦に突入です。

昨日最後のお客さんが6号の陸前高田の蔵の絵を買ってくれました。今泉という地区にある、素敵な蔵の連なりを描いていた絵でした。
嫁いだ先の方は、津波でお父さんを亡くされた方でした。
手続きしながら、こんなことを話してくれました。
「高田松原を描いた絵はなんぼでもみるけど、今泉の蔵を描いた絵に会えるなんて思ってなかったです。父はここを目指して逃げてきてたどり着く前に渋滞にまきこまれ、津波に飲まれたようです。この絵を架けていると、亡くなった父が戻る目印になるきがします。いまはこの風景なくなぢたけど、気仙人の誇りを子供にもこの絵を通して伝えていける気がします。」

言葉につまりました。
同時に以前の姿を可能な限り描きあげることが、やはり自分の仕事なんだと思いました。

今回の個展はいろんな意味でヘビィです。
posted by タク at 10:09| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

時間旅行

盛岡個展四日目、今日も会場近所のカフェからガラケーにて更新です。うまくいくかな?

昨日はタイムスリップの日でした。
まずは、小学3年依頼の悪友Yが来訪。相変わらずのへらずぐちキャッチボールに40年の時間旅行。

続いて中学3年の恩師が会場へ。
金八先生のモデルみたいな先生で、なにかとメイワクかけてた私は、35年前の姿そのままになり、冷や汗(>_<)
もらったビンタなんかを懐かしく思い出してました。
続いて夜は中学時代のブラスバンド、トランペットパートの先輩方4人が勢揃いし、イタリアンディナー。一番変わり果てたのは私、という結論に。
「たくちゃんは今ならジャニーズだったよねえ」と、だれもが耳を疑う発言がテーブル上を行き交ってました。
ちょうどソムリエが誕生日ということで、急遽声を楽器がわりにハッピーバースデーコーラス♪
さすが1st2nd3rdがそろってるだけあって、一発本番にもかかわらず、見事にハモっていました。最初にキー合わせするあたりもさすがはトランペット部隊、でした。

イタリアンのあとはバールパンにてモルトで締め。
最高に楽しい36年のタイムスリップに感謝です。

さて、今からそれでは会場に向かいます。
posted by タク at 09:49| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

個展三日目

image/2012-05-05T09:23:23-1.jpgおはようございます。盛岡曇天です。
個展三日目の朝、七時台のNHKニュースでカワトク個展の紹介が流れました。
昨晩は岩手朝日テレビでも紹介が放送され、連休終盤のお客さんの足に動きがでそうです。

しかし、NHKのアナウンサーの紹介の語り口はすごかった。きくと、盛岡放送局のアナウンサーは、アナウンサーのコンクールで一位になった方とのこと。思わず聴き入ってしまいました。

父に会場までクルマで送ってもらいましたが、車中からの山並みと低い雲が、大好きなスコットランドを思い出させました。
気分だけは、映画ブレイブハートのウィリアムウォレスの太っちょ友達で、止まらずゴー(笑)

今、恒例の会場近所のカフェにて、待機中。岩手県知事責任編集「コミックいわて」なる吉田戦車はじめ岩手にゆかりある漫画家たちによるオムニバス本でコーヒー飲んでいます。
posted by タク at 09:33| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

岩手朝日テレビさん取材

image/2012-05-04T12:56:01-1.jpg個展二日目、岩手朝日テレビさんの取材が入りました。盛岡では夜6時17分からのニュース枠での放送予定とのこと、ですが、残念、私は会場にいるのでみられません(*_*)
ケータイからのブログアップにチャレンジ中。
うまくアップされますように!
posted by タク at 12:53| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメント

なぜか、以前のコメントが表記されてしまいました。ケータイからのブログ更新は難問山積み…御容赦ください。
posted by タク at 00:09| 宮城 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

盛岡個展のご案内

連休の盛岡で開催されます個展のご案内です。

古山拓水彩画展「かどをまがれば」
会場/川徳デパート・ギャラリーカワトク
   盛岡市菜園1-10-1 電話019-651-1111(代表)
会期/5/3(木)〜5/9(水)最終日は午後4時終了

kawatoku2012DM_egara.jpg

kawatoku2012DM_atena.jpg

今回は、いままで旅したヨーロッパの風景と、津波で消えてしまった三陸の風景を中心とした東北に取材した絵の展示です。

もともと水彩画を描く以前に、旅が好きでヨーロッパのあちこちを歩き回っていました。
明日はどこへいこうかな、、、というスタイルで得たインスピレーション、風景を今に描きました。
わたしにとって「絵を描く」ということは、「迷う旅」という大前提があって成り立っているという事を、あらためて今回の個展で心に刻みました。

どこへいこうか、、、と、歩いた先が、絵を描く、ということだったのかもしれません。
旅の機微って言葉が好きです。
自分にふりかかってきた様々な出会いや別れ、よろこびや幸福感、そんな旅の機微を風景画に封じ込めたつもりです。

会期中は私も全日会場におりますので、お気軽にお立ち寄り下さい。


posted by タク at 00:45| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

川口市で東北風景画展が決まりました

今年の夏、埼玉県の川口市で個展をひらくことが決まりました。
川口銀座商店街振興組合が運営する「燦ぎゃらりー」からご依頼を受け、被災復興支援個展で東北の絵の展示です。
会期は、7月18日〜7月23日です。

きがつくとGWの盛岡個展をかわきりに、8月まで、毎月どこかで個展。

5/3〜9 岩手盛岡「川徳デパート」
5/28〜6/3 東京銀座「ギャラリー喜久田」
7/18〜7/23 川口市「燦ぎゃらりー」
8/22〜8/28 山形「大沼デパート」

わたしにとっては、仕込みと制作、広告イラストを効率的に組み立てなきゃこなせないペースです。
がんばろう。
ぜひ、お近くの方、ご来場下さいませ。

閑話休題

久しぶりに家でお好み焼き。
なぜか、このメニューの時はテレビがオフだ(笑)
会話はコドモタチの新天地、高校と大学での部活のこと。

息子、高校でもブラスバンドでトランペットに決定。なんでもオーディションがあって、そのうえで決められるんだそうだ。中学でもラッパだったので、ほっとしてる様子。

娘も大学のビッグバンド=スイングジャズオーケストラへ入部決定。パートはこれまた中高と続けてきたバリトンサックス。

そしてふんふんとお好み焼きをひっくり返すわたしと妻。。。

けど、これもまたシアワセってやつだね、きっと(笑)

絵は、2002年のブルターニュの旅でヴァンヌ路上で出会ってがしゃがしゃ描いたケルティックバンドのプレイヤー。「ケルトの響き」です。

20120419celticsound.jpg
posted by タク at 00:31| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

個展が終わって

311から一年目の個展が終わりました。

最終日の昨日、午後2時をまわったあたりからいらしてくれた何人ものお客さんが、くちぐちに私にこういいました。
「2時46分、ここでむかえることにしました」

そして、14:46。

その時間、心配りのあるお客さんのひとりが、ワンセグを廊下でこっそりつけていました。
「廊下じゃなくて中で皆で聞こうよ」
と、十人ほどのお客さんと一緒に耳を傾け、14:46。
スピーカーから響くサイレンとともに、会場で黙祷をささげました。

しばらく、それぞれがそれぞれの思いをかみしめている空気が満たしていました。

気を前に向け、会場で接客していると、絵の前になんだか懐かしい後ろ姿が。
なんと、東京で十数年前お世話になった松明堂ギャラリーの社長と奥様が、立っていました。

「なんで、社長、、、ここいるんすかっ!!!??」
「今日が最終日だろう?そして311。来ないわけにはいかないだろう?」

もう、だめ…。

言葉にならない個展の締めくくりでした。

おかげさまで、心に深く刻む個展ができました。
気にかけてくれていた皆さん、心から、本当にありがとうございました!


そして明けて今日。
朝から私は荒浜、閖上、石巻の海辺をまわっていました。
実は昨日、岡山の友人僧侶が、名取市でとりおこなわれた一周忌の法要式典に来ていたのです。
岡山からきてくれた彼を、このまま返すわけにはいかない、と、朝、電話を入れてホテルまで迎えに行き、聞くと帰りは夕方の飛行機。
これは石巻まで足を延ばせそうと、クルマで可能な限り被災地をまわってきました。

「なんだこれは、、、まったくひどいまんまじゃないか、、、」

20120312arahama.jpg

いたるところで、彼の読経の声が風に流れていきました。

20120312arahama2.jpg


さて、今から確定申告と個展準備でぐちゃぐちゃにかき回された仕事場を片付け開始だ。
まるで、地震が来たみたいにちらかってます(笑)
posted by タク at 17:56| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

河北新報夕刊編集部ブログで紹介されました

河北新報夕刊編集部ブログで、個展のレポートが紹介されました。
こちらです。
http://flat.kahoku.co.jp/u/yukan_kahoku/jCR69dLUNbuShpWHmnAT/

今日は、夜6時半からギャラリーにてリーディングライブがあります。
ゲストはフリーアナウンサーの黒田弘子さんとギタリストの那須尚平さんです。
キャンセルで数席あきが出ましたので、参加ご希望の方は晩翠画廊までどうぞ。
6時半スタートで一時間ほどの予定です。
ライブ終了後、引き続き会場にて、ゲストを交えての軽食パーティを開きますので(ワンコイン500円)、仕事帰りの方、よかったらぜひお立ち寄り下さい。

今日の絵は、以下3点、個展出品作です。

8番屋のある風景_田野畑村72.jpg
「番屋のある風景」(岩手・田野畑村)

6さっぱ船のある風景_陸前高田72.jpg
「さっぱ船のある風景」(岩手・陸前高田)

28noufu001.jpg
「ある農夫の話」
posted by タク at 00:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。