2012年03月08日

ハーベスト

20120308harvest.jpg
「harvest」
この絵は今開催中の個展に出品している絵です。
たまにこんな表現も実は、します。
今回は三点ほどこのような絵を出していますが、嬉しい反応をいただいています。
この「harvest」は昨日とあるお客様が「収穫」されました。

描く時の筆とココロの繋がり方が、風景画の時とはまったくちがうのが面白いのです。
そのおはなしは、明日のギャラリー対談でしますが、後ほどブログでもアップします。


本日個展3日目ですが、息子が今日は公立高校受験の日でもあります。
息子は会場である意味、いままでの収穫祭。
わたしも3日目、会場で収穫祭。

親子でフェスティバルの日、と考えることにします。

受験生のみんな、おちついていけよ!




posted by タク at 08:40| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

旗を揚げよう♪

インドの事、いっぱい書きたい事あるんだけど、、、まったく追いつかない。旅終わった後にブログでここまで報告ができていないのは初めてかも。

bansuikoten_annai1.jpg

bansuikoten_annai2.jpg

思えば、年度末で確定申告時期にぶつかる個展をひらくのは、昨年に続いて二度目。
事務方と制作のダブルブッキングで今年もトップギア全開。 BGMは「明日なき暴走」(=笑 よくわかりませんが、このCDかけはじめたら、当アトリエはヤマ場の証拠)

昨晩、ようやくDM宛名出力完了。

第一便は、本日ようやく発送できそう♪
今から住所録未入力のお客さんの手書き対応です(汗)


住所登録漏れの方、いらっしゃると思います。もちろん当方の不手際です!イイワケナシ!
このブログと後日送るメールで、ごめんなさいっ!

宛名面に使った絵には「菖蒲田にて」としか書いてありませんが、実はサブタイトルがあります。
「菖蒲田にて-旗を揚げた日」です。


一見、負けたようにみえて、実はまだ旗がひるがえってる。

そんなシチュエーションが、大好きです。


posted by タク at 10:09| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

縁が縁呼んで山形個展決定

昨日、山形の大沼デパートへ営業出張してきました。
結果、来年夏、2012年8月22日から一週間、個展の開催が決まりました。

山形では、初の個展です。
数年前から、開催を考えていましたが、ようやく、たくさんの方の縁でここまでこぎつけました。
なにかをしよう、と思っても、人の繋がりがないとほんとできません。

縁というと、昨日山形大沼の会場でちょっとしたびっくりが。

今週は工芸の作品展が開催されていました。
まずは、作家さんにご挨拶、と、同行していた山形実家の妻と自己紹介。
すると
「あれ、奥さんはそうすると、実家は同じ町内だよね?もしかしてK(妻の旧姓=義理兄)さんの妹さん?」
「はい、そうです〜」と、妻。
「Kさんの娘さん(すなわち、わたしの姪=仙台で学生生活まっただなか)と私の息子は同じ学年なんですよ。」
「え〜!そうなんですか。昨日、仙台の姪のアパートであって来たばかりですよ!」と妻
「世間はせまいですねえ」と作家さん。

と、そこへ後ろから声が、、、
「タクちゃん、なんでこんなとこにいるの???」
振り向くと、その「姪」が立ってるではないですか!!!!
もう、目がまんまる。
「今日、大沼に来るって、伝えたっけ?」と私。
「いや、きいてないよ。ホント偶然よ〜〜〜!」と驚く姪。



仙台山形は距離にして60キロ強。
近いと言えば近いけれど、なんでこんなピンポイントで、井戸端話の登場人物が現れるかな〜、、、。
(因に姪の専攻は美術史なので、ギャラリーは、専攻のフィールドではあるけど、ね)
おもわず、ギャラリーの責任者の方とも目を合わせ、ニッコリ。


山形個展、幸先良さそうです♪



posted by タク at 11:15| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

個展終わりました+その後

先週木曜日、一週間開催していた個展が無事おわりました。
古いお客様も新しいお客様もたくさん見えて、ありがたかったです。
お忙しい中ご来場下さった皆様にこころから感謝申し上げます。

また、10/9に開催したギャラリー対談のことを対談のお相手、フリーアナウンサー黒田弘子さんが、ブログで紹介してくださっています。
「黒田弘子の朗読日和」で、どうぞ、ご覧下さい。
そうそう、黒田弘子さんの参加する朗読会が11月4日開かれますので、そちらの情報にもリンクしておきます。
友だちのギタリスト、那須尚平さんも演奏で参加します。
わたしは、もちろん観客で参加です(笑)


次なる作品発表は、年明けて3月に仙台晩翠画廊です。
震災から一年となるひとつの節目に個展を、と、ギャラリーの方からお声がけいただいております。
ヘタクソなりに、取材してきた三陸のクロッキーデータが活かされる個展となりそうです。
そして、5月末の東京銀座「ギャラリー喜久田」での個展へと、作品を描き続ける日々は延々続きそうです。

今日は、河北新報夕刊連載の正岡子規の宮城紀行の原稿と取っ組み合い中。
個展期間中、会場詰めで他の仕事ができなかったので、今がたいへん。
今週は東京へ打ち合わせ出張、来週前半は北海道へ出張と、仙台不在が続くので、うまくスケジュール管理しなきゃな。
とはいえ、スケジュール通りに仕上がらないのが、作品ってもの。

いやはや、、、。





posted by タク at 12:37| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

画廊の不思議

不思議なタイミングってあります。
個展の時って、それが多いような気がします。
たとえば、画廊に偶然いあわせたお客さん同士が中学の同級生だったとか、そんな偶然です。

そういえば、お世話になってる画廊の方も、ギャラリーって不思議な磁場があるんだよね、って、前に言っていたなあ。

今日もいくつかのそんなびっくりがありました。
絵って、なにか人を繋ぐパワーがあるのかもね。

明日は最終日。
どんな奇遇があるか、タノシミです。





posted by タク at 21:49| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤崎個展ウエッブ版

藤崎個展も残すところあと二日。
昨日、盛岡のお客様から電話が入りました。
「明日、仙台まで見に行くよ」

頭が下がりました。

今日も、ざっと作品の一部をアップします。
モニター越しの色では実物とは異なりますが、作品の雰囲気だけでも楽しんでいただければうれしいです。

6stiveskamome.jpg
「セントアイブスのかもめ」¥47250 コーンウォール/イングランド

7landsend_tegami.jpg
「ランズエンドからの手紙」¥42000 コーンウォール/イングランド

8balceronasweets.jpg
「バルセロナスイーツ」¥42000 バルセロナ/スペイン

9cabodaroca.jpg
「地の果てへようこそと彼女は言った」¥42000 ロカ岬/ポルトガル

10robertwaise.jpg
「ロバートワイズの笑顔」¥47250 ロカ岬/ポルトガル

11yakainomachi.jpg
「夜会の町」¥42000 ウイーン/オーストリア

12hotelrymeer.jpg
「HOTEL RYMEERの窓辺」6号 ¥94500 ブルージュ/ベルギー

13labenderflegrance.jpg
「ラベンダーの香り」4号 ¥63000 ノリッジ/イングランド

14galway.jpg
「アイルランド憧憬」4号 ¥63000 ゴールウェイ/アイルランド

15parinohikari.jpg
「パリの光」4号 ¥63000 パリ/フランス

16kataribe.jpg
「語り部」5号 ¥78750 ローテンブルク/ドイツ

17kinoarufukei.jpg
「樹のある風景」8号 ¥157500 ブルージュ/ベルギー

18clocktower.jpg
「クロックタワー」4号変形 ¥63000 ブルージュ/ベルギー

19kadowomagareba.jpg
「かどをまがれば」4号 ¥63000 スターリング/スコットランド

20monsanmichael.jpg
「聖ミカエルの護り」20号 ¥378000 モンサンミッシェル/フランス

※作品購入ご希望の方は、lands-f@fc4.so-net.ne.jp までメールにて、または、藤崎の「美術工芸サロン」=022-261-5111までお問い合わせ下さい。



posted by タク at 08:54| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

後半戦開始

震災から7ヶ月目の今日、藤崎個展「かどをまがれば」展の後半戦がスタートです。
前半戦は、初日と連休ということもあり、大勢のお客様にいらしていただきました。
ギャラリー対談も無事満席で終えることができました。
ご来場くださったお客様、本当にありがとうございました。


震災からの七ヶ月、振り返ってみたところ、開いた作品展は合同展、個展あわせて合計7つとなりました。
ほぼ毎月、どこかで作品を展示していたかたちになります。
3月11日に見事に止まった東北経済。
それはいままでなかったことでしたから、自営絵描きとしては、ひたすら一日を翌日につなぐごとき日々でした。
そんな日々に、気持ちの上では、今回の個展でようやく一区切りというかんじがしています。

いままで、走り続けることができたのは、それでも見に来てくださったお客様と会うことができたからだと、あらためて思っています。

ギャラリー対談では、取材旅で得た独特の旅感覚をトークでお伝えしたかったのですが、はたして伝わったかどうか、、、。
絵で伝えることができることもあれば、言葉でしか伝えられないこともあります。
今回も、そんな機会を作り上げてくれた美術工芸サロンの方々と、お相手下さったフリーアナウンサーの黒田弘子さん、そして、お忙しい中1時間お付き合い下さったお客様に心より感謝申し上げます。

IMG_0009_2.jpg

IMG_0014_2.jpg

IMG_0019_2.jpg

あと一時間後、藤崎開店です。
笑顔で後半戦をスタートしたいと思います。


以下、藤崎美術工芸サロン展示中の作品です。

1kakounomachi.jpg
「河口の町」4号変形 ダーラム近郊/イングランド¥63000

2monsaraz.jpg
「モンサラーシュの想い出」6号 モンサラーシュ/ポルトガル¥94500

3wales.jpg
「約束の樹」6号 ベッツィコード/ウェールズ¥94500

4uchinikaerou.jpg
「うちへ帰ろう」3号 コーンウォール/イングランド¥52500

5tokihanagarete.jpg
「時は流れて」3号 オリヴィエート/イタリア¥63000ご売約いただきました

ご希望の方は、lands-f@fc4.so-net.ne.jp までメールにて、あるいは、藤崎の「美術工芸サロン」=022-261-5111までお問い合わせ下さい。




posted by タク at 09:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

本日最強の日につきギャラリー対談開催

個展3日目の朝を迎えました。
今日は一年の中で私にとって最強の日、誕生日です。
父と母、そしてその血に繋がる無限の縁、ご先祖様に感謝の日です。

そんな今日、会場で、ギャラリー対談をします。
藤崎本館六階美術工芸サロンにて、午後二時スタート、もちろん入場無料です。
対談のお相手は、昨年一昨年に続き、今年もフリーアナウンサーの黒田弘子さんがお相手と進行を引き受けてくださっています。
私のトークはもとより、黒田弘子さんの朗読もございますので、ぜひ、足をお運び下さい。

今回、個展のタイトルとなった「かどをまがれば」ですが、実は、仙台の詩人、故・後藤滋郎さんの詩集からいただいたタイトルです。
対談では、黒田さんがその詩を朗読してくださいます。
対談後、絵をお買い上げのお客様には、その詩集を先着3名様にプレゼントいたします。

黒田さんのブログ「朗読日和」でも、本日の事を取り上げてくださっています。感謝です!
http://hiroko-roudoku.seesaa.net/archives/20111008-1.html

では、会場でお待ちしています!

posted by タク at 09:24| 宮城 | Comment(8) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

かどをまがれば展初日

藤崎個展の初日が終わりました。
初日ということもあって、たくさんの懐かしい顔のお客様に会うことができました。
ありがとうございました。

kado1.JPG

kado3.JPG

うれしかったのは、震災直後(3/23〜4/24)にひらいた晩翠画廊での震災復興支援個展への感謝の言葉をあらためていただいたことです。
震災後、外に出たくない気持ちを切り替えるポイントになった、と、何人かのお客さんから言われました。
震災からもうすぐ7ヶ月ですが、震災復興にからむ、うれしいメッセージでした。

kado2.JPG

準備した「潮紙カレンダー」が、初日で完売御礼。
今回は震災の影響で漉けた紙自体が少なかったので、次回刷る制作部数の参考になりそうです。

カレンダーの原画も全点展示販売(¥42000〜¥47250)していますから、ぜひ、ご覧いただければと思っています。
ちなみに、参考までにこんな絵です。
12nordic.jpg
「ノルディックライツ」

72stives001.jpg
「セントアイブスのかもめ」

72orvieto001.jpg
「オリヴィエート!!」

722_saltzburg2.jpg
「ロバートワイズの笑顔」

今日から世の中は三連休。
私はフルに会場詰めです。
不在でもちょっとお昼を食べに出ている程度ですので、是非ご来場下さい。

kado4.JPG


posted by タク at 07:57| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

藤崎個展搬入終了。

藤崎個展展示搬入終了!
閉館10分前ゴール♪
ひとりの男が突然手伝いにきてくれた。うれしかったなあ。
展示慣れしている彼の手伝いがなかったら、大変なことになってました。
多謝!

準備した作品は60点を軽く越えた。やることはやった。
あとは、会場に立ち続けるのみ。


そんなへろへろになって帰ってきたら、留守電が。
電話を返すと、コンペ決定の朗報。
メールをひらくと、別件でまた仕事が決まってた。

ようやく震災後、仕事が回りはじめた、ってかんじました。

さて、あすから立ち続け7日間。
今日は、もう風呂入って寝ます。
千客万来祈願!

posted by タク at 20:56| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

あさってから藤崎個展スタート

ようやく、作品がそろいました。
そんな藤崎個展があさって7日からはじまります。
前日会場に詰めておりますので、是非足をお運び下さい。
以下、個展のご案内です。

+++++++++++++++++++++++++++++
筆と絵の具で描くことを仕事にして20年がたちました。
旅の個展も気がつけば今回が20回目。
今回の作品展は、ひとつの節目の個展です。
今回は、いままで訪れて来たヨーロッパの国々を中心に、旅風景を「今」の表現で描き取ります。
街角にはいつも感動があふれていました。
まがりかどのむこうの旅風景をお楽しみいただければ幸いです。

個展「かどをまがれば」

会場/仙台藤崎本館六階 美術工芸サロン
会期/10月7日(金曜)〜10月13日
(木曜最終日は午後4時半閉場)
仙台市青葉区一番町3-2-7
電話022-261-5111(代表)

ギャラリー対談のご案内
10/9(日)午後二時より、会場にてギャラリー対談を行います。
お相手はフリーアナウンサーの黒田弘子さん。
入場無料ですので、お誘い合わせの上ご来場下さい。

おかげさまで毎年ご好評いただいておりますカレンダーも会場に並びます。
一部1050円(税込)
是非この機会にお求め下さい。
(会期終了後、通信販売も行いますので、遠方の方でもお求めになれます。
後日ブログで告知いたしますので、お気軽にご注文下さい)

publigazo.jpg


posted by タク at 18:53| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

娘のひと言

1994年に独立してから、基本自宅兼仕事場です。
一時期事務所を借りたことがありますが、それも4年ほどでふたたび職住最接近スタイルに戻りました。

よって、描いている絵は。家族にツツヌケであります。

自分が、「どうじゃい、こりゃ傑作だ!」と得意満面のところに「なんだかよくわかんないよ」と容赦ない言葉を浴びせられたり、腕組みして黙られたり(汗)
家族って表情を隠すとか、取り繕うなんてこと一切ないから、いちいちどきどき。
で、お蔵入りになる絵もあるわけだけど、昨日は娘がひと言。
「パパの絵、いっちゃん好きだな。それにしてもさ、パパ、絵、よくなったよね〜♪」
おいおい、よくなったって、一応絵で食ってるんだけど、、、っていいたくなったけど、じーん。常に道半ば、何処まで言っても終わりはない。ヘタッピの気持ちで取っ組み合いが吉。なかなかイイコトいってくれるじゃないかよ。。。

というわけで、我が家では常にキビシイ家族批評家の視線にさらされつつの制作。
これも、描くという恥をいやおうなしに家族にさらす自宅兼仕事場のメリットかな。

さて、あと個展まで3日。
「3日しかない」と考えるか、「3日もある」と考えるかって瀬戸際だ。

あとどれだけ、自分の中のイメージを紙に描き出せるか、、、。

腕組みして黙られた絵にも、再度チャレンジ、かな。






posted by タク at 08:30| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

モンサンミッシェル制作中

個展前の制作で、なかなかブログに辿り着けません。
なんというか、頭の切り替えがヘタなんだな〜〜。

今日は、この絵と取っ組み合っています。モンサンミッシェル。
monsanmichael.jpg

晩ご飯の声がかかったので、今から階下へ。

イギリスの友人せっちゃんから、震災復興チャリティ無事成功!の電話が入りました。
よかったよかった〜〜!!お疲れさまでした!!!
posted by タク at 19:29| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

【竹鶴讃歌】〜水彩とガラスの旋律〜のご案内

7/2からのニッカ宮城峡蒸溜所での準備が佳境です。
きょうは、その企画展の告知です。
今回の作品展のご案内は、都合によりウエッブのみとなります。DMの郵送はいたしませんので、ご了承くださいませ。

「竹鶴21年」 WWA世界最高賞受賞記念イベント  
【竹鶴讃歌】〜水彩とガラスの旋律〜

ニッカ竹鶴21年が世界のウィスキーコンペティション(WWA)において3年連続4度目の世界最高賞(ブレンデッド・モルトウィスキー部門)を受賞したことを記念する企画展のご案内です。

会場/ニッカ宮城蒸溜所「ギャラリー宮城峡」
会期/7/2(土)〜7/30(土) 9:00〜16:30(最終日〜13:00)

私の会期中の在廊日は、
◉初日7/2土曜11:00〜 ◉7/10日曜午後13:00〜 ◉7/16土曜午後13:00〜 ◉最終日7/30土曜10:00〜の予定です。



以下、ニッカさんからの案内文を掲載いたします。

叶蜻艫jッカサービス(ニッカウヰスキー叶蜻芻H場内)では、竹鶴21年が世界のウィスキーコンペティション(WWA)において3年連続4度目の世界最高賞(ブレンデッド・モルトウィスキー部門)を受賞したことを記念する企画展 竹鶴讃歌〜水彩とガラスの旋律 を開催いたしますので、ご案内申し上げます。  

開催期間中は、弊社ホール内の無料試飲コーナーで、ご来場された方々に実際にこの「竹鶴21年」を試飲していただく お客様感謝無料試飲サービス を実施致します。
また、期間中は同時に、毎年『広瀬川美術蔵』で広瀬川をテーマにしたコラボレーションの展示会を繰り広げておられる、仙台在住の画家 古山拓氏 と ガラス工芸作家 村山耕二氏 の両氏に、友情出展の特別な計らいを頂き、特に今回はウィスキーにまつわる作品の展示会と即売会を開催いたします。

古山拓氏は、当ホール内のギャラリー宮城峡において、昨春ウィスキーの本場であるスコットランドを旅して描いた山河の風景やウィスキー蒸溜所をモチーフにした水彩画、そして弊社ニッカウヰスキー葛{城峡蒸溜所の風景や広瀬川沿いの自然や町並みを描いた四季折々の水彩画などを展示していただきます。ウィスキーを育てる自然を今もなお大切にしているスコットランドのディスティラリーと宮城峡蒸溜所、両方を比較して鑑賞するのもお楽しみです。またご希望の方には、展示作品、ならびに一部複製画(ジークレー版画)の販売もお申し受け致します。
furuyama.jpg

村山耕二氏は、当ホール内の原酒コーナーにおいて、当宮城峡蒸溜所を囲みながら流れる広瀬川の砂を素材にして融かしつくられた「仙台ガラス」の作品も含めて、今回はウィスキーグラス類を中心に展示していただき、併せて仙台の新たなプロダクト「仙台ガラス・プロジェクト」のコレクションを特別販売致します。美しいガラスの風合いは、同じく蒸溜所を囲みながら流れる新川川の清冽な水で仕込んだ、琥珀色の宮城峡蒸溜所のモルトの味わいを、更に増幅させてくれることでしょう。ぜひ実際にお手にとって、仙台ガラスの煌めきをご覧ください。
murayama.jpg
posted by タク at 16:39| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

SAVE SENDAI Art Calligraphy Exhbitionのご案内

作品展のご案内です

SAVE SENDAI Art Calligraphy Exhbition
会期◉6/22(水)〜6/26(日)
会場◉LBギャラリー 仙台市青葉区大町1-2-1
企画/岡本光平
協力/りらく


書家岡本光平氏が、東京、名古屋、仙台の書の有志に声がけして東北にエールを送る書の展覧会です。
ゲスト出品者に作家の夢枕獏さん、女性学研究家の田嶋陽子さんを迎えての作品展で、縁あって私も出品します。(私は絵が一点です)

会期中、岡本光平氏が書のライブも開催、ぜひ、足をお運びください。

Sendaidm-omote_0616.jpg

Sendaidm-ura_0616.jpg


私の会場にいる時間帯は
22日、夕方17:00〜
23日、昼12:00〜午後14:00
24日、不在
25日、不在
26日、午後14:00〜
(流動的ではあります。不在の場合はごめんなさい!)

posted by タク at 08:47| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

ブレイブカントリー展最終日

5月11日本日、盛岡個展最終日です。
朝起きて、ニュースを見て気付きました。今日は奇しくも大震災の日からちょうど2ヶ月。なんとも奇妙な符合です。

震災直後スタートさせた仙台晩翠画廊展からここまで押し流されるように動いてきましたが、盛岡個展の一区切りというよりも、もっと大きな流れの節のような気がしています。

最終日撤収時、どんな感覚をもらえるか。
結果、成績どうあれ、すべて明日に繋がるということで、勝手に勝利宣言してしまいます(笑)

ご来場のみなさま、個展の様子をブログで見てくださってたみなさま、ありがとうございました。
明日、仙台からまた!
posted by タク at 09:16| 宮城 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

個展六日目

個展「スコットランドと岩手」展六日目の朝、盛岡は風が強いです。空が大きい。スコットランドの空のようです。
バグパイプの音が遥かから聞こえてきそう、そんな朝です。

昨日、ハトコの柴田ソトオ氏と蕎麦懐石をつつきながら一献しました。氏は岩手の芸術家のカナメ石的存在の版画家で、モノヅクリの先輩でもあります。

実はもうひとりのハトコに、やはり岩手グラフィックデザイン界の実力派の先輩がいます。

そんな、うっすらだけど血のつながりのある二人の先輩たちと、何かが動くような予感がしています。


さて、ブレイブカントリー「スコットランドと岩手」展もあと二日。今から会場へ向かいます。
会場でココロの中に響かせるのは、もちろん映画「ブレイブハート」の音楽です。

今日も朝10時45分からFM岩手「家族の絆」に出演します。
お相手くださるパーソナリティは小田加代子さんです。明日も同時刻のオンエア。
地元のみなさま、ぜひお聞きください。
posted by タク at 09:37| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

対談

対談無事終了。
準備した椅子も埋まり、伝えたかったことも、多分つたわったように思う。

司会の黒田弘子さんにはお世話になりました。短い朗読をはさんでもらったり、サプライズな演出を挿してもらったり。ライブで進行する中に、プロフェッショナルの粋を見ました。

残念だったのは、終了後、聞いてくれた人たちひとりひとりに礼がつくせなかったこと。
このばをかりて、あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

スコットランドと岩手は、五つのことを教えてくれました。まさに五つ星な国々。

ケータイからのブログアップゆえ、対談の中味を紹介するのがムズカシイので、内容は会期終了後、パソコンから後日アップしたいと思います。

個展五日目、今日もスタートです。
posted by タク at 08:18| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

本日ギャラリー対談

個展四日目。
今日はギャラリー対談を開催します。
会場はバルクアベニューカワトク5階のギャラリーカワトク内にて入場無料です。

スコットランドと岩手の作品の裏側エピソードをお話します。
対談のお相手はフリーアナウンサー、黒田弘子さん。
午後2時からのスタートです。ご来場おまちしています。

今日の盛岡は気持ち良い空気です。朝、実家の裏手、岩手山がシッカリ姿をみせてくれてました。

posted by タク at 09:02| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

個展三日目

以前、岩手県立美術館でボランティアガイドをしてくださった方が、来場。
はじめて話した時から、なにか縁深いものを感じていたけど、今回も同じ感覚をもちました。

エジンバラで私がかんじたことが、すっとその方にトランスレート。

エジンバラの想いがその方のご自宅壁面に移ることになりました
posted by タク at 13:55| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 個展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。