2016年06月03日

鮭の遡上

仙台に暮らして34年目。
生まれ育ちは岩手なんだけれど、高校卒業後仙台に出て来て気がつけばこちらの暮らしの方が長くなってしまった。
いただく仕事や個展もホームはもちろん仙台だ。盛岡に暮らしていた両親も仙台に越して来て帰る家も無くなった。根っこにこだわっていた本籍もついに昨年、両親の移転と同時に仙台に移してしまった。

それにもかかわらず、ここのところ宮沢賢治や阿弖流為、岩手の偉人といった以前から気になっていたキーワードにかかわる情報や仕事が増えて来ている。
先日、東京で「しゅるしゅるぱん」著者おおぎやなぎさんとそんな岩手のはなしをしていたところ、伝えられた言葉が、「江刺の人首文庫にいってみて」

人首文庫は江刺から種山が原に向かう途中にあるらしい。名前は知っていたけど、尋ねたことはまだなかった。まずはGO、だ。
そういえば、花巻市の宮沢賢治イーハトーブセンターの方を尋ねつつ、奥州市の近所にすむ小説家さんの家に今度たずねることになっていたっけ。なんだ、この繋がりは。
たぶん理由などないんだろう。ふとこういうヒキって、鮭の遡上みたいなもんかな、、,そう思った。

鮭は、時期が来ると遥か離れた海原から、生まれた水を本能でかぎわけて一本の川を目指す。彼らは理由など知る由もない。
私も50を越えて、さらに岩手に引っ張られるのは、絵や表現と行った本能的な部分に近い仕事をしているゆえの必然なのかもしれない。

来週末、岩手へ帰ってきます。理由なんてあとづけです。まずはいかねば、鮭のごとく。

20160603貝の火200.jpg


+++

アトリエ・アルティオのギャラリーショップサイトはこちらです。

Tumblrポートフォリオ公開はじめました。
http://anythingtopaint.tumblr.com


posted by タク at 10:22| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

tumblrで作品ポートフォリオ

スクリーンショット 2016-05-20 2.37.54.png

http://takufuruyama.tumblr.com

いまさらながら、ウェブで簡単なイラストレーションポートフォリオを作れないかな、、、と、挑戦中のtumblr

ホームページもリニューアルしたいのですが、手もココロも追いつかない。というわけで、とりあえずtumblr

何がポートフォリオサイトに向いてるのか向いてないのか???アナログな50代イラストレーターは考えてても時間ばっかりたっちゃうので、まずは走ろうtumblr

といってみたのはいいけれど、とうに夜半を過ぎての作業はつらい。つまづきふらふらtumblr

今日はここまで!tumblr
posted by タク at 02:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

鉄道駅雑感

ciitabi.JPG

この春から新しいイラストレーションの仕事を手がけています。
JR東日本様の旅企画商品「駅長オススメの小さな旅」の表紙です。

旅好きな私にとっても駅は特別な存在です。未知への好奇心のスタート地点、そんなかんじ。
駅を出て、右に行くか左に進むか、はたまたまっすぐか。地図はもちろん見るけれど、多分にカンを働かせることが多いようにかんじます。駅は、人間の原始的な本能をくすぐりリセットするのかも。

とくに、水彩スケッチが目的だったりすると、駅周辺でまずは一枚風景クロッキースケッチ。
ローカルな駅だったりすると、駅周辺にはいい感じの路地や駅チカ独特の猥雑さが思いのほか残っていたりします。

話がそれましたが、そんな鉄道駅をスタート地点に、各駅周辺の見所モデルコースを満載したこの「小さな旅」企画。パンフ自体に使われている紙もしっとりしていて、他の旅行パンフレットとは一線画したいいかんじの風合いに仕上がっています。
好評とのことで(表紙作者としてはこれほどうれしいことはない)すでに駅のラックではみかけなくなりました。

昨日、企画会社さんから刷り上がりを4部のみですが追っかけゲットできました。
ご希望の方はミニギャラリー、アトリエ・アルティオまでいらしていただければ差し上げます。(先着4名までです、すみません)
季節ものなので、のちのちプレミアがつく、、、わけはないですね(笑)

イラスト制作で疲れた手を休めて、刷り上がりをあらためてぱらぱらめくっていたら、私も電車に乗ってどこか知らない町へ旅に出たくなりました。

アトリエ・アルティオ
住所: 〒980-0822 宮城県仙台市青葉区青葉区立町19−20
http://artio.shop-pro.jp
posted by タク at 13:34| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

地震

熊本で大きな地震。
被害も大きい。
私が五年前に大地震が来たとき、揺れが収まり一番最初に買ったものは電池だった。ラジカセ、ラジオ用のそれだ。

できるだけ買ってきてくれ!と、当時中学生だった息子にコンビニに買いに行ってもらったのだが、息子が買ってきたのはワンセットのみだった。
「まだあったけどさ、オレらが全部買ったらマズイだろ!」

自分が恥ずかしくなったと同時に、そんな息子を意気に感じたのを思い出した。

人間、緊急時ほど本性が出るものです。
その後、見たくないものも見ました。

震度7だ。でかい。余震も大きいのが続いている。現地の人の不安さはいかばかりか…。
今は被害が広がらないこと、大地が静まることを祈ります。
posted by タク at 23:48| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

物忘れ

ここのところ物を忘れる。
しまった場所を忘れたり、手帳をどの鞄に入れたかわからなくなったり、まあ、いろいろ。
年度始めで畳み掛けられてる仕事の納期はまだ忘れていないのがせめてものすくいだけど。。。
自分の名前はまだ憶えているから大丈夫かな。

今日の晩ご飯のときに以前買っていた安ワインをあけた。なかなかイケたので、また買ってこよう、、、とゲットした店を思い出そうとしたけれど、これがどうしても思い出せない。

季節の変わり目?それとも更年期か???
明日の予定を再度確認、イラスト納期が二つと打ち合わせが一つ、水彩カルチャーの仕込み一件。…忘れてるの、無いよなあ。。。今日ははやめに休むとしよう。

posted by タク at 21:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

艦上パーティから「ちいさなおじさん展」へ

image-2.jpeg

昨日、海上自衛隊からの招待で、練習艦かしまの艦上パーティに妻と行ってきました。
縁あって、陸上自衛隊東北総監部の民間オピニオンリーダーを今期から2年お引き受けすることになったのです。
以前からお世話になっている東◯放送の取締役をなさっていたS氏がオピニオンリーダー満期となり、S氏から推薦されての委嘱でした。そんな縁です。オピニオンリーダーとは、いうなればご意見番のような存在です。会社社長、医師、学校関係者など社会的地位の高い方々が多いですが、自営業のイラストレーター、画家という肩書き(フリーランスは肩書き自体ないようなものだな)の人間はあまり、ほとんどいないようです。
そんないきさつで招待状が届き、艦上へ。

image-1.jpeg

船の上のパーティなんてもちろん初めて。ことさら自衛隊の船舶にいたっては機会なんてそうそうあるものではありません。蓋をあけたらパーティはいわゆる社交の場なのでした(当たり前だ)
私はと言えば小学生並みに好奇心丸出し。急傾斜のタラップに驚いたり、トイレのあつらえにまじまじとなったり、ローターがおりたたまれたヘリに足が止まったり、あっという間の2時間でした。

12985541_986045424810037_5973534769387454246_n.jpg

あけて今日、人形作家藤村みゆきさんの「ちいさなおじさん展」最新ステージをようやく見ることができました。場所は二番丁通りと青葉通り交差点の地下通路ギャラリーブース。
藤村さんとは先般アルティオで2人展でタッグを組みましたが、その後さらに進化。これまでのテーマ別セレクションにくわえて、はたらくおじさん(これがいい!!)がラインナップされていました。
そして、なんと、私も藤村さんのプロフィールの隣に居たっ!一等地占拠だ。
なんとも幸せな気分で会場をあとにしたのでした。15日まで開催中です。仙台圏の方、お見逃しなく。

13010877_986045461476700_1355895296645216596_n.jpg


posted by タク at 01:29| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

紙との相性

紙の話を少しばかり。
自分にとって、クロッキーブックは「エンピツの走り心地」がカナメです。スラスラはダメ。微妙なザラザラ感というか、掠れ感が肝心。ヘタクソな絵ばかり描いていますが、それでもその点は譲れない。
そのザラザラ感もメーカーによって微妙に違う。

左は普通の白地ノート。右の生成りがかった色の紙は、イタリアの紙ブランドの品。ともに枯れた紫陽花をスピーディに試し書きしてみたものです。右のイタリアの紙はかすれ具合が程よく自分の感覚と合いました。

エンピツの紙への「こすれ具合」で、創作へのテンションが上がってくるから、ペラ紙であってもバカにできません。
クロッキーブックはいろいろな紙質のものがありますが、紫陽花と同じく「枯れた」書き味が肝心だったりして。

因みにイタリアメーカーの品は、販売価格が驚くほど安かった。
もともとエスキース帳は何枚も描く、いわゆる下書き専門の紙。だけど書き味の相性はめちゃくちゃ肝心。

相性のいい紙に出会えたことが嬉しい日でした。

AA225F32-E46D-48C2-B58A-20FD728C9BB2.jpg

posted by タク at 23:02| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

年なんて関係ない

アルティオでの展示は、場所が自分のところだから気楽かといえば、そうではない。
イラスト仕事や、次の個展の仕込みも動いているわけだから、どこかにその時間を練り出さなければならない。練り出したら補給が必要なのが世の常でもあって、昨日今日がその補給日だった。

補給日といっても、仕事は動いているし、お客さんも来てくださる。さあ!温泉に行こう!や、買い物に出かけよう、なんてことはできず、ただぼーっとしていたり、本をパラパラめくったり、プラプラ近所を歩いたり、空見上げたり…空き時間作って、そんなもんだ。

子供たちが小さかった頃は、何処かに行くとなるとそれなりに気合い入れて半徹して時間をあけたものだけれど、若かったからできたこと。今やったら自殺行為だよね。

そんな今日、読み始めたら止まらない本に出会ってしまった。
遅ればせながら、「特別授業3.11 君たちはどう生きるか」。

河出書房新社から「14歳の世渡り術」というシリーズで出ているものだけれど、今年54歳になる私が読んでも頷くことしきり。
最初読み始めたのは今日の昼下がりの自宅。実は今、明日の仕事の前乗りで宇都宮にいるのだか、新幹線の中、そしてホテルの一室でと、最上級の栄養補給をさせてもらった。

この本に書かれていることを「わかりきったことじゃないか!」と思うようなら、歳の重ね方に失敗した、と思った方がいいと思う。
歳重ねてわかった「つもりになっているだけ」のことは往々にして多いものだから。(←これ、自分に言ってるな)

人生半分過ぎたとしても、モノゴトのど真ん中なことは、14歳流の受け止め方をしてもソンはない。そう思う宇都宮の夜なのである。

そうそう、絵も同じだね。歳かさねてそこそこ描けるようになると、生きる上で見えなくなるもの、いっぱいあるもんな。


3D3550AF-2398-4037-8A85-26EAA8209D0C.jpg
(ホテル客室照明で撮った写メ故、黄色ですが、実物は白表紙です)










posted by タク at 22:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

旅立ち準備開始

昨年は、大学に進学した息子を仙台から東京に送り出した。あれから一年。今度は就職が決まった娘の独り立ちの準備が進んでいる。

自営業イラストレーター兼水彩画家の看板で2人の子供をなんとか大学に放り込むことができたことは、奇跡に近かったように思う。これも、仕事をくれたお客さんがあってこそ。
子供達は、そんな世間様の支えで育てることができたといってもいい。

「息子が卒業するまであと数年。もうひと頑張りだよ」と、妻が口にしたその先に居てくれるのは、「この絵はアイツに頼もう」と思い出してくれる大勢の人たちなのだ。これもまた奇跡に近いこと。

旅立ちは希望に満ちた晴れやかなものだけど、世間の支えがあって旅立たせることができる。そんな気がしてならない今宵、寒さまだきびしけれど、間違いなく春近し。

EA71FAC8-93A8-409B-B0E8-165440A86F7D.jpg






posted by タク at 21:06| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

小林文生先生の最後の授業

20160204小林先生最終講義72.jpg

東北大学のフランス文学/国際文化研究所の教授、小林文生先生から最終講義の案内状をいただきました。

「プルーストの拡大鏡」
日時・2/18午後15:00〜16:30
会場・東北大学マルチメディア研究棟6F 大ホール

わたしは、たぶんさっぱりわからないに違いありません。
まちがいなく聴講者の中で一番のボンクラでしょう。チンプンカンプン確定です。
水彩ともイラストとも全く関係ありませんが、それでも先生の最後の授業を聴きたい。

この一時間半は、死守します。
(ごめんね、M・Fさん!そういうことだったのよ♩)

一般聴講も歓迎とのことです。お聴きになりたい方はぜひどうぞ。

posted by タク at 22:24| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

明日を作るのは誰?

余裕かましてモノづくりしているヒトって、いるんだろうか?…なかなか思うように仕事が進まず、ふと、そんなことを思った今日、一人の来客がギャラリーにありました。

その方は、ゆったりと絵を見てくれて、いろいろな話をしてくれました。

静かでまっすぐな会話と独特な間合いが、深いヤジルシみたいなものを持っていて、そのお客さんに救われた気がしました。

明日のことは誰にもわからないですね。けど、来たる明日は誰かから作って渡されるものでは断じてない。

作り出すのは作品や成果品だけじゃない。明日もまた自分が作るものなんだな、きっと。…と思いたい。

そういえば、ダーティハリーだったかな。「メイクマイディ」、と言ったのは。(意味が違ってたらごめんなさい。)

陽はまた昇る、というわけではないけれど、絵は葦ペンとクレヨンでドローイングしたヘミングウェイです。


ED70662B-FD8D-4A13-965C-EFF010C51136.jpg









posted by タク at 23:58| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ゆったり日曜日

charaB.jpg

仙台市街地の西の外れ、アトリエギャラリーの日曜は、いつものことながら静かな昼下がり。アルティオに人形作家の藤村みゆきさんがきてくれた。
用事はDMの受け渡し。極めて言うなら用事はそれだけだったけど、小一時間ほどとりとめのない雑談。
その雑談がとても心地よかった。

制作しながらいろいろ物思いにもふける午後が心地よかったり、そんな日曜の午後。

明日月曜火曜はアトリエ・アルティオ休業。自宅仕事場に籠ってイラスト仕事の制作。

トップのイラストは、動き始める某教育系コンテンツのためのダミーイラスト。
うっすらとした記憶を元にイラストをハードディスクに探しまくったけど、件名が既に忘却の彼方。。。ようやく探し当てました。
posted by タク at 20:33| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

図工講師雑感

DCE004F8-C7B6-4BC6-827F-87C01387A42C.jpg

以前、長いこと幾つかのカルチャースクールの水彩教室をレギュラーで教えていたことがあります。2010年の暮れに諸事情あって閉じさせてもらいました。
今、絵を教える仕事は年数回のイレギュラー講座と個人レッスンだけ。ほそぼそ、です。

先日、縁あって小学校の図工時間をボランティアで受け持ちました。水彩絵の具と鉛筆、そして筆が児童と仲立ちしたその教室は、今まで思っていた「教える」ことと、何かが違っていました。

ドラマでよく主人公の若者が年長者に教えられるって、定番ですね。

ボーイミーツガール。じゃなかった、ルークミーツオビワン。

うまく言えませんが、私が以前教えていたこととは異質な「教える」ことが、漠然とその場にはあるような気がしました。

先日子供達から60枚の感謝の手紙が届きました。ずしっとたからものです。
教えに行って、別の何かを教えられた。

これはカミサマがくれた、教えることに対する何かの指標かもしれないな、なんて、柄にもなく思い巡らしています。(すみません、ここまで書いといて、何かの答えはまだわかりません=汗)



posted by タク at 10:03| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

日本とイギリスを繋ぐ味ブログ「rhiansrecipes.com」

スクリーンショット 2016-01-18 22.17.36.png

イギリスでお世話になっている友人Rhian Williamsさんが料理レシピのブログをはじめました。
「古山さん、ぜひ日本の方にも知ってほしいです」
と、メールが届きました。

Rianさんはお母さんが日本人でお父さんはウェールズ人。以前私を取材してくれた若きジャーナリストでもあり、才能あふれる女性です。

もとはと言えば、東日本大震災が縁でした。お母様は英国で行われた、東日本大震災のチャリティ運営に参加、わたしがそのチャリティに作品出品で関係したことが縁で知り合いました。その後、Rhianさんから取材の打診があり、メールを時折やりとりしています。

Rhianさんの言葉を借りると、料理レシピは日本の味とイギリスのあたらしい料理のミックスをとのこと。
新しいイギリスの味、rhiansrecipes.com、応援してます。

彼女はYouTubeでもレシピを公開中。こちらです。どうぞ、ごらんください。(もちろん音が出ますのでお仕事中のかたはご注意を!=^_^)

posted by タク at 22:16| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ポートフォリオあれこれ

いろいろな人のお世話になって、作品展は開催される。
もちろん、見ず知らずの方にお世話になる場合もあるわけです。そんなとき自己紹介にはpdfで送れる作品展用のポートフォリオがもちろん必須です。広告イラスト向けのポートフォリオとはまた別です。

もちろん私はpdfですぐに送れるものを作っているけれど、月日が経つのは早いもので、ついせんだって作ったと思っていたファイルが4年も経っていたり、、、。いや気がついていたんだけれど、「次のときね、、、」と、自分に言い訳してるのがばればれだ。
自分に甘いです、とことん。。。

そのpdfファイルですが、送るタイミングによって、ボリュームたっぷりのがいい場合と、ご挨拶自己紹介をかねた軽いものがいいケースとがありますね。
今回必要なのは自己紹介メールに添付。というわけで、挨拶向け超シンプル版を作りました。
こちらにはその中から画像ページをアップしますので、ご笑覧ください。

pdfが必要なお客様は、遠慮なくメールいただければお送りします。(ウェブサイトのトップページ下部から問い合わせメールが送信できます)

furuyama_profile_works_ページ_2.jpg

furuyama_profile_works_ページ_3.jpg

furuyama_profile_works_ページ_4.jpg

furuyama_profile_works_ページ_5.jpg

posted by タク at 00:25| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

暮れゆくアトリエ

「おお、岩手山!この感動は毎度たまらんなー」東北自動車道を北上、盛岡に近づくといつも思っていた帰省が、今年から無くなった。

両親が盛岡の実家を売り払い、仙台へ転居して来たのが、今年の五月。両親が極めて近所に暮らすという、はじめての年末を迎えています。
東京一人暮らしの大学1年の息子も昨日バスで帰省、なんだか急に人数が増えて年の瀬感が強まってきています。

イラストレーターとしてのわたしの仕事納めは昨日でした。絵画工房ランズエンドは、正月三が日はお休みいただいて、4日から始動。

青葉区立町の店舗ギャラリー、アトリエ.アルティオは定休日月曜火曜にあやかって4日、5日まで正月休みをいただきます。6日に年明けオープンとなります。

といっても、仕事の「やること」「仕込み」はあり過ぎて、正味「何もしない休息」は、正月2日間。
おせち食べて仙台名物初売りに家族で出かけてのんびりするとしよう。

さー!大掃除、開始かな。




posted by タク at 09:21| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

賢治と星の王子様そしてブルトン

20151219raforet001.jpg

フランスブルターニュに東北最強的繋がり持つ東北大学のK教授。専門はフランス文学。
わたしの「もっとも聞きたい授業」の先生でもあります。

ケルトを追いかけ始めたときに、先生のブルターニュケルトの講演を偶然聞いたのが縁で、お付き合いが今に至ります。っと、お付き合いといったら叱られるな、わたしの片想いだ(笑)
十年越しの念願かない、昨晩はじめて先生と一献を交わしました。

キャッチボールは星の王子様と宮沢賢治、プルースト、ケルト世界まで縦横無尽(@_@)わたしのノウミソはしびれっぱなしの、ショート寸前。モーレツにエキサイティングがすぎました。
先生も楽しがってくれて、なので来年、アトリエアルティオを会場にして、K先生の「ブルターニュケルト」のお話会をしましょう、とあいなりました。

アルティオプレゼンツ・K教授のブルトンスペシャルトークライブ♩
あ、これ、自分が聞きたいからやります。(笑)狭いから定員せいぜい8名か(笑)ブルターニュ産のシードルくらいは用意しなきゃな♩ワクワクだ*\(^o^)/*
ちなみに絵はブルターニュ半島のラフォーレフーナンという小さな漁村。わたしの名刺に使っている絵でした。

posted by タク at 09:59| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

硫黄島からの手紙2015

12373178_917598778321369_4493961014045543668_n.jpg

太平洋戦争前、インテリアデザイナーということばさえなかった時代、ひとりの家具職人Tさんによって手作り出された机と椅子、キャビネットを、その娘さんから縁あって譲ってもらいました。廃棄場行き寸前ストップ!

つくりが異国のそれです。
「父は戦前、神戸で家具を作っていました。今で言うインテリアデザイナーのはしりでした。」との娘さんのことばに、妙に納得。
Tさんは、硫黄島に戦死…。どれだけ仕事ができなかったのが悔しかったろう。

80歳をゆうに越える家具ですが、目に入るだけで気持ちが温かくなるのです。体温が間違いなくある。これは不思議だ。

机はTさんが仕事用に作ったものなので、敬意を表して自宅の仕事場に。キャビネットと椅子は、アトリエアルティオに置くことにしました。一部修理が必要ですが、とことん大切に使わせていただきます。
硫黄島に散った見知らぬTさんに「しっかり描けよ」と言われてる気がしてなりません。

12391978_917598598321387_5881744021762858088_n.jpg

posted by タク at 08:52| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

描きたくないときもある

もう描きたくない。そんな時もあるさね。いっつも描いていると。
仕事なのでなんとかテンション維持しようと頑張るんだけど、ダメなときはなかなか大変であります。もちろん最終的には仕事だからきちっと描くけれど。

今日も朝からイロイロ描いていましたが、夜のついさっき、一枚の仕事がどうもノリ悪い。何枚描いてもしっくりこない。ついにスイッチが切れた。こうなると電源抜かれたロボット状態。あきまへん。

落ちたのは水彩の仕事だけれど、こんな時は中途半端が一番良くない。
水彩紙の上を走る穂先の「音」が耳障りになって来たら赤信号です、私の場合。
こんなときは潔く?破り捨てるに限る。

あー、清々した(笑)

しかし納期は待ってくれない。経験上、明日朝早く起きて再チャレンジが吉なのだ。



posted by タク at 22:57| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書店まわりの一日

書店まわりの一日でした。

福音館書店から3週間ほど前に出版された「しゅるしゅるぱん」(おおぎやなぎちかさん・作 古山拓・画)ですが、なんと重版が決定、今日は著者のおおぎやなぎさんが東京からいらして、挿絵担当の私と2人で仙台の取扱い書店にご挨拶して来ました。

おかげさまで、ツタヤ仙台南店さんでは、年明け1月16日午後14時から、しゅるしゅるぱんサイン会が開催されることになりました。おおぎやなぎちかさんも東京から駆けつけます。

CF127EA2-CB75-4AE8-A07E-0470FD099EB7.jpg

3E064676-7B1C-4322-87A5-3777237880B2.jpg

何より嬉しかったのは、ほとんどの本屋さんが平置きしてくださっていたこと。

仙台の絵本専門の老舗「横田屋」さんに顔を出すと店主さんが「久しぶりだねえ」と迎えてくれました。そして、
「あの絵本、まだ置いてあるよ!」
「あの絵本」とはすでに手元には残っていないマボロシの絵本(笑)「あしたのまちはどんなまち?」でした。
実は2000年(たしか)に自費制作したその絵本が2冊だけ横田屋さんに残っていたのです…。

一冊はおおぎやなぎさんに献本し、残る一冊は、縁がある人に渡ることを祈って、横田屋さんに引き続き置いてもらうことにしました。

当時、自分の絵本が作りたい、と、勢いだけ&ドローイングだけで描いた一冊。

れから随分と時がたちました。
しゅるしゅるぱんの隣に置いてシャッターを切りました。

377DC891-1274-4584-B6BC-1E788C41AC56.jpg



posted by タク at 00:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モノヅクリの裏庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。