2017年07月08日

半具象・抽象作品をアップしました

アルティオウェブサイトに半具象・抽象作品を8点アップしました。

数日間の印象や、風景を通り越した体験を表現しようとすると、かたちがあれこれと交わっていきます。
これも素直な表現です。
ご笑覧ください。

https://www.artio.jp/category/gallery3

スクリーンショット 2017-07-08 23.49.29.png
posted by タク at 23:54| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七夕ポストカードと祈り

20170709tanabata_水彩_古山拓_東北_祭.jpg

七夕の季節です。
アルティオでは、七夕のオリジナル絵はがきを店内で取り扱っています。

仙台メディアテーク、市民会館からアルティオは徒歩3分。
涼みがてら、どうぞお立ち寄りください。
https://www.artio.jp

「星祭り」という響きがいいですね。
もともとは中国から伝わったとされる七夕、世界中にあるんでしょうね、星祭り。

民族人種をこえて、手が届かない遥かかなたに思いを託す気持ちはかわりありません。
祭りは祈り。
みなさんそれぞれの祈りが星々に届き、叶いますように。

20170709tanabata_fin001.jpg

20170709tanabata002_水彩_古山拓_東北_祭.jpg

20170709仙台七夕吹き流し.jpg

20170709tanabata003_水彩_古山拓_東北_祭.jpg






posted by タク at 10:00| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

引っ越し記念に一枚のちび絵

時々立ち寄ってくれるお客様が来訪、「異動で仙台から引っ越すことになりました」
引っ越し先は宮城県内だけど、仙台まで1時間ちょっと。会社借り上げの社宅は今までより一部屋増えるから、と、引っ越しの記念に、イギリス湖水地方の家のドアを透明水彩で描いたちび絵をご購入くださいました。

月一回は仙台に遊びにきたいな、と絵を嬉しそうに抱えて帰って行きました。

絵が嫁いだことももちろんですが、引っ越しという節目に、絵とアルティオを思い出してくれたことがとても嬉しかったです。
ありがとうございました。



posted by タク at 00:34| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

NHK「てれ政宗」放送日変更→30日火曜日に

本日放送予定だった「てれ政宗」の放送日が、急遽30日火曜日に変更となりました。

大きなニュースが悲しいかな立て続けですので、いたしかたございませんね。

番組予約してくださってた皆さま、大変すみません!
来週30日火曜日夜6時10分からの枠での放送となりますので、あらためてよろしくお願い申し上げます^ - ^

46BE2FB2-92D1-4141-B448-9305D814D7CB.jpg
posted by タク at 13:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

NHK仙台放送局が取材に入りました

金曜、日曜の今日と、二回にわたり、NHK仙台放送局が、アトリエアルティオと、描くわたしを取材してくださいました。

きっかけは、一枚の絵はがき。定禅寺通りのポストカードです。
jyozenji_st001_72.jpg

新緑に彩られた定禅寺通りの魅力をつたえたい、とのことで、私なりに絵描きとして協力させていただいた次第です。

放送は5/24水曜日、夕方18:10からの「てれ政宗」の枠内での放送予定です。
どんな内容になるのかはまだ言えませんが、濃い内容の取材をしてくださったことに、まずは感謝申し上げます。

東北枠でオンエアの予定とのこと、お時間合う方はぜひごらんください。



posted by タク at 21:14| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

エスプリ ド プロヴァンス

香りに惹かれてアルティオで仕入れたフランスの石鹸、「エスプリ ド プロヴァンス」を、今、自宅で使っています。
ほのかでいい香り。だけど言葉で伝えるのが難しい香り…。

無理矢理にでも言葉を紡ぐと、優しい人の空気感の香り、かな。使ってて、すごくホッとする。

週末まで頑張ったみなさん、お疲れ様でした。
石鹸の香りは届けられないので、パッケージ包装紙を写メでお届けします。

イラストレーターという仕事柄、絵柄や色づかいについ目がいってしまうけど、これ、かなり、好きだな。

9E27F8D2-2A3D-4CF5-A77B-CA8E8217B006.jpg


posted by タク at 00:05| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

赤ちゃんの絵

CBEACF24-BE67-4927-B0B0-EB16AFA626ED.jpg

「写真から、孫の絵、描いてもらえますか?」
そんな一本の電話ののち、お客様がアルティオに来訪。可愛らしい写真集をお持ちくださいました。その中からコラージュして描いた一枚です。サイズは一号の小さな絵。

「壁にかけるのは、絵がいいの。写真はアルバムがあるしね。」

仕上がった絵を渡すとよろこんでくださり、そして、
「一年に一枚ずつ増やしていきたいので、よろしくね」

とても嬉しい一言でした。

アルティオでは、様々な注文も承っておりますので、遠慮なくお問い合わせください。


posted by タク at 00:58| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

Hito Koto創刊号・ウェブ版

スクリーンショット 2017-05-13 20.05.49.png

昨日ブログで紹介した
posted by タク at 20:08| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

Hito Koto創刊号掲載

4C8B04FF-1D04-4A41-9E57-30EC4F8C6263.jpg

BACC6FBF-45A4-44EA-84AB-755633AECD4E.jpg

仙台のあちこちの魅力再発見フリーペーパー「Hito Koto」が創刊されました。
創刊号で取り上げられたのが、アトリエアルティオもある定禅寺通り界隈。当ギャラリーも近所のブレアレックコーヒーさんの紹介が縁で取り上げていただきました。

フリーペーパーといっても、サイズA4数十ページ。いい紙を使い、デザインも良く、素敵な冊子です。

実は定禅寺通りはせんだいメディアテークがへそに位置する、アートエリアでもあります。創刊号のテーマはそこはかとなくアートです。

アルティオでもフリーペーパー「HitoKoto」を本日から配布中。
定禅寺通りの魅力再発見ツールに、ぜひお使いください。

以下は、県外のお客様への定禅寺通りの紹介です。
「定禅寺通り」は、定禅寺ストリートジャズフェスティバルでも有名な目抜き通りの一本です。
三越から宮城エレクトロンホール、せんだいメディアテーク、そして市民会館と、約買い物からコンサートまで楽しめるエリアです。歩くと15分くらいでしょうか。
アトリエアルティオは、せんだいメディアテークから徒歩数分。ギャラリー目の前の西公園通りは、新緑に彩られています。

1D9CBAFB-E837-49CD-B885-B7DBEE6E2FDC.jpg
posted by タク at 22:31| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

母の日ギフトご案内

今日のブログは、アトリエアルティオ店長からのメッセージです。

『5月14日は母の日です。
世界中のすべてのお母さんへ「ありがとう♡」の言葉を♩

日頃、お疲れのお母さんへのプレゼント🎶アルティオからもご提案させていただきます。
イラストちび絵と香りグッズのセットはいかがでしょう?まだ準備していなかった〜!という方は是非アルティオまで(^O^☆♪お待ちしております♪』

ヨーロッパ石鹸とイラストちび絵のギフトセット(2000円台)から、水彩画ちび絵(6480円〜8640円)をご用意していますので、お気軽にご来店、お問い合わせください。

3D07F3E3-3AD9-441C-A1F7-2157A0E49236.jpg

532DB837-E62D-4BCA-B880-ABCFC363CBA5.jpg

94702602-D677-4EEB-800C-53C2CDD24DE2.jpg

3A0A09B9-83EE-4BAF-8F23-85E95DC695BB.jpg


posted by タク at 23:32| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

GWは通常営業

☆新商品のご案内&GWは通常営業です☆

5EDAE1C4-6FA7-467E-BD68-BDCA19936F0C.jpg
フランスの石鹸皿☆Le Porte-Savon☆

E23DCF42-EFE2-41B8-9889-543287745257.jpg

南仏の小さな村の工房で見つけました。お花の手彩色が施された陶器製です。おばあちゃんと息子さんが2人で手づくりしています。その他、フランス産の石鹸なども入荷しております。

また、GW中は祝日ですが通常営業いたします。日曜月曜以外の日は開店しておりますので、どうぞお立寄りくださいませ。


posted by タク at 00:26| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

年度末のアルティオ

C0BF06D7-D782-4093-A9CC-D8507D0EEAF9.jpg

年度末もあと2日というところで仙台市役所に納品に伺いました。
仙台市から仙台水彩風景ポストカードセットをまとめてご注文をいただいての年度末納品です。誠にありがたいことでした。

今年から12枚セットの仙台風景ポストカードセットを新商品として店頭販売しています。藤崎デパートから依頼されたカレンダーの絵柄をそのままポストカードに展開したもので、12ヶ月の仙台風景がえがかれています。仙台から離れた人への便りや季節の挨拶にお使いいただけます。ご希望のかたはアルティオまでのどうぞ。

今日は書籍表紙の色校正や、関わった役所関係のイラストマップの刷り上がりを納品いただきました。ともに印刷会社の方が来訪。ちょっとばたばたしていました。

アルティオに福島から2人のご婦人が来店。宮城県美術館で開催中のルノアール展を見にいらしたとのことですが、「こちらのギャラリーを偶然見つけれたことが、展覧会よりよかった」と、お世辞でも嬉しいお話をもらいました。
こんな一言で元気になれます。

夕方にはポルトガルのエヴォラを描いたちび絵やアルファベットちび絵が嫁いだり…やっぱり年度末と関係あるのかな?
「忙しい1日だったね」と、店主の妻。でも笑顔。
自営業者はいたって単純なのです^ - ^




posted by タク at 00:54| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

水彩と石けんと

A5F8DC9F-8FC4-424A-97F6-44FF0CA8337E.jpg

外国の町ではよく見かけて、日本ではあまり見かけない店って、なんでしょうか?
リスボンのまちなかで、ランプシェード専門店やドアノブ屋さんを見かけたときは驚きました。大きな店ではありません。個人商店でした。

日本だと表具屋さんとかハンコ屋さん、書道用具専門店といったところでしょうか。(伝統文化を商品化している「お土産やさん」は除きます。)畳屋さんなんてヨーロッパの国では見かけませんね。

そういった個人商店が成り立つのは歴史文化が背景でがっしりと支えているということでしょう。逆に言えば、そういった個人商店が成り立たなくなってきたなら、その国の文化はどこかがおかしくなってきたシグナルかもしれません。

ヨーロッパを旅していて、よく見かけ、私が好んで立ち寄る店が、石けん専門店です。ハンドメイドをうたったオーガニックハーブやオリーブ油石けんがいろいろなスタイルで目と鼻を楽しませてくれます。

日本において石けん文化はポルトガルからもたらされたと聞いたことがあります。いわゆる「シャボン」です。たぶん、中東、ヨーロッパでは、歴史の厚みが石けん屋さんの多さにつながっているのでしょう。

そんな好きな石けんをギャラリーの一角で取り扱いを始めました。
フランス、スコットランド、イタリア、ポルトガルの丁寧に作られた石けんを何種類か仕入れています。

水彩画も石けんも、その効用がどこか似ています。直接的に働きかけるものではありませんが、あるとないでは暮らしの潤いが違います。こころをスッピンにピュアにリセットする役割を持つ絵と石けん。2つの相性は抜群です。
アルティオで新しいコラボがはじまりました。

E36EBA0D-26F4-436F-9060-8081611726C5.jpg







posted by タク at 23:07| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

「あなたの一日が世界を変える」の登場人物


「あなたの一日が世界を変える」(くすのきしげのり・作 古山拓・絵/PHP研究所)の登場人物造形のお話をちょっとだけ。
私の場合、絵本の仕事で一番苦心するのは、実は登場人物の設定です。自分が物語を作っているのであれば、作っている段階で徐々に脳内にイメージができています。ですが、今回の場合は著者がくすのきしげのり先生。別にいらっしゃいます。なので原稿を読んだ印象をもとに、紙に鉛筆を走らせてゼロから創り上げて行きます。

「あなたの一日が世界を変える」では、旅人を中心にさまざまな人物が登場します。
彼らはどんな生い立ちなのか?どんな仕事についているのか?家族構成は?性格は?、、、ということを考えながら想像上の人物を創り出していくのですが、ラフにとりかかる前のそのキャラクター設定作業が第一の難関でした。

現実世界であっても仕事や職業は顔に出ます。絵本という世界では動き回る「絵」のキャラクターとして表現しなければなりません。どこからか人物写真をさがしてきてイラストに置き換えるとラクそうですが、それは絵本の中に妙に「現実」が紛れ込んできてしまうのでアウトです。あくまで想像力で「ああでもないこうでもない、、、」と鉛筆で四苦八苦するのが吉。
実は旅人も最初の設定ラフスケッチ数枚はアクが強すぎたり、カッコつけすぎたりで、自己却下しました。
キャラクターの絵が決まると、あとは物語に沿って登場人物が本の世界の中で自由に動いてくれるから不思議です。

そんな「あなたの一日が世界を変える」もおかげさまで2刷りとなりました。絵を担当したものとしてもとてもうれしいです。心より感謝です。
先日、多めにアトリエアルティオにも再入荷しましたが、次々にご予約をいただき、すでに在庫が数部となっています。再度の入荷まで、少々お待ちください。

絵本の著者、くすのきしげのりさんの講演会が、年明け1月下旬、徳島大学であります。
お近くの方、ぜひどうぞおでかけください。

2017年1月28日(土)
徳島大学渭水会
徳島大学総合科学部設置30周年
記念講演会  
 演題  
   一人一人が、みんなたいせつ
     − 作品に託す願い −
 主催:徳島大学渭水会
 場所:徳島大学けやきホール
 時間:14:00〜

15622078_374888222844553_7764442083730030807_n.jpg
posted by タク at 23:33| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ちび絵まつり、クライマックス

「ちび絵まつり」もあと2日となりました。
三週間のロングラン企画展ですが、おかげさまたくさんのちび絵たちが嫁ぎ先へ旅立って行きました。

今日も若い女性が、「ちび絵を買いたいと思ってきました」と、一回り大きめのパリのちび絵を嬉しそうにお持ち帰りくださいました。

アルティオにできるだけ私も入るようにしていますが、イラスト仕事やイタリア水彩エキシビジョン出品作の制作でなかなかフルタイムでギャラリーに入ることができないのが残念です。
明日祝日は営業です。私もギャラリーにおりますので、お気軽にどうぞお立ち寄りください。

6D21D815-CB19-4847-808B-00DD0325C3F5.jpg

4FA97F74-691B-4EFB-8CD8-50EB69C6A752.jpg

94C9D87D-FE6F-4259-AC92-2442533BA572.jpg






posted by タク at 22:49| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

北欧への絵のプレゼント

20161109IMG_9034.jpg

アルティオに時々いらっしゃるお客様Kさんから嬉しい写真が届きました。Kさんは仕事で海外を飛び回っており、海外からのお客様をアルティオにお連れくださったときもあります。

先日、Kさんの取引先で北欧で大きな食品会社を経営するSEOが来日。写真はその時のスナップです。
手にしているのはKさんからSEOに贈られた一枚の絵。
描かせていただいたのは私でした。

「外国のお客様に手みやげに絵を贈りたいんですよね。北欧の田園に関わる企業だから、東北の農村風景を描いてほしい。」
というオーダーでした。
「でも旅行鞄に入る小さいサイズがいいな。絵は 一点ものだからね、贈るには最高なんですよ。」

もてなす先の京都で贈られたのですが、とても喜んでいただけたとのこと。
描き手としてもうれしかったです。

昨日はそんなアルティオに、いつも藤崎個展にいらしてくださっているお客様Sさんが初来訪。
元気になる色合いのアレンジメントをお持ちくださったうえ、ちび絵を一点嫁がせていただきました。
ありがとうございました。

20161109水彩_ちび絵_古山.jpg

絵はちび絵新作「ふたり語り」。
イギリスコッツウォルズを描いた一枚です。

今ネットショップアルティオは他のサイトに移行するため閉鎖中です。ご迷惑おかけしてすみませんが、ご用命等ございましたら「お問い合わせはこちら」から遠慮なくご連絡ください。

IMG_9031.jpg

posted by タク at 09:13| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

リトアニアからの旅人

baltic_shine_古山拓_水彩.jpg

今日、アルティオに2人の若い外国人旅行者がやってきました。
きくと、リトアニアから旅行できたとのこと。カフェトムテさんに立寄り、昨日展示したての絵を見て、気に入ってギャラリーに立ち寄ってくれたとのこと。
それは嬉しい来客でした。まるで自分たちの若い頃のヨーロッパ放浪を思い出しました。行く先々で立ち寄る店は、どこもわくわくしたものでした。たいていはじめて出会う人々と交わされる会話はこんなかんじでした。
「どこからきたの?」
「日本からです。二ヶ月の旅で、この国は◯ケ国めです」
「いいところでしょう?いい旅を続けてね」
「ありがとう、バイバイ」
そんな会話をあちこちで交わしました(というか、この程度の会話力しか無い)が、今日はアルティオで私たちが「どこからきたの?」と聞く側でした。

今日の夜、北海道へわたるとのこと。
「oh,very busy」
と、駆け足のジェスチュアとともに彼らに言った瞬間、
「彼らは四半世紀前の自分たちだ….」そう思いました。

彼らは仙台を描いた水彩ポストカードを買ってくれました。
ブロークンな英語で応対しましたが、手を振って歩き出す彼らの後ろ姿を見ながら、「いつか必ずリトアニアに行ってみたいね」と、妻と話していました。

絵は、バルトの海景。
「私たちの住んでいるところは、森と海が奇麗な海沿いの町です」
彼らのそんな言葉に思い出したのはこの絵でした。
posted by タク at 23:38| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

お盆休みのお知らせ

20180813負けられない_古山拓_水彩.jpg

いつもありがとうございます。
アトリエアルティオ、ならびに制作室は、8月13日(土曜)14日(日曜)15日(月曜)がお盆休みとなります。
16日(火曜)から通常営業となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

絵は「広瀬川に遊ぶ子供の情景」から「負けられない」です。
posted by タク at 08:40| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

天使ミカエルの山

古いNHKの番組で「未来への遺産」という遺跡紹介番組がありました。かれこれ40年以上前のことです。
「なんで昔の人たち、こんなもん作ろうと思ったんだ?未来への遺産?意味わからないけどなんだかかっこいいな。」
毎月欠かさず観てました。
今はメジャー級になったモンサンミシェルをはじめて知ったのもその番組。
録画なんて想像さえできなかった時代、番組ムックが欲しくてねだって買ってもらいました。

そして中学の時、美術のエッチングの時間にモチーフにしたのがモンサンミシェルでしたっけ…。途中で鉄筆で引っ掻くのが嫌になったの覚えてます。結果、未来への遺産は美術の方向ではなく歴史に私を向かわせてしまったのが、今にして思えば大きな分かれ道だったと思います。

紆余曲折でなんでか今は絵で食べる日々ですが、なぜか何度も描きたくなるのです、モンサンミシェル。で、毎回仕上がりが見事に違うのです。「こう描いてみたいな」と思ったときが描き時ですから、それは仕方ないことですね。

ちなみに私の屋号ランズエンドはイギリスの最南西端の岬名から拝借していますが、すぐ近所にセントマイケルズマウントなる寺院がこれまた存在しているという偶然。気がついた時は鳥肌が立ちました。

モンサンミシェルもセントマイケルズマウントも訳すなら「天使ミカエルの山」
まさにその山は、大天使ミカエルが導いた「未来への」遺産だった、と思うわけです。

はじめてのモンサンミシェルへのアプローチは、ブルターニュ県の県都レンヌから路線バスでトコトコモードでした。
ポプラ並木の影からゆっくり横滑りするように現れたその姿に、バスの乗客全員(たぶん)が国籍問わずため息とも歓声ともつかない声を「おおお!」とあげたのが印象的でした。

Net Shop Gallery ARTIOを更新し、モンサンミシェルの水彩画を加えました。よかったら覗いてみてください。


posted by タク at 18:10| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

見知らぬ誰かがくれるもの

20160428さっぱせん001.jpg

「答え」は、まったく関係のない第三者が、ふとした言葉でくれることがあります。

実はここ数ヶ月、常に頭の片隅で、自分はどう動くべきなのか、答えが見えない岐路がありました。
「右に進むか、左へいくか?」

昨日、リビングカルチャー教室がありました。終わって立町ベースのギャラリー・アルティオに戻ろうかと店に電話を入れると、妻が「早く戻って来て。お客様がいらしてます」

自転車ダッシュで戻ると、お客様は飛び込みでいらした営業セールスの方でした。
その営業さんが持って来た商材がいいので、私にも聞いて判断してほしかった、と妻。

しばらくその方と話し込みましたが、後半は雑談。その会話の中に、今、自分が決めかねている事柄が偶然にも話題に登ったのでした。
見知らぬ営業氏が飛び込みでやって来て、まさかの会話です。

これは「右にススメ」ということか?

何事も答えは自分が出さなければならないのが一人自営。その答えを、今日、出しました。

このブログを書いていることだって分かれ道です。
数十分前に書こうと決めた自分もいれば、書かないで黙っておこう、となった自分も居たはずなんだ。
日々刻々、瞬間瞬間、人は目に見えない道を選びとっているんだな。

選んだ道はどんな世界に繋がっていくか、誰にもわからない。が、少なくとも今までとは違った世界が、「ちょっぴり」と日常に入り込むことになります。その「ちょっぴり」も「だいそれた」も、実は計っているのは自分だけ。大きな歴史の中の一瞬、でかい地球の片隅、どちらもさして変わりないんだな、きっと。

トップ絵は、東日本大震災の2008年、見知らぬ道をまがった先に辿り着いた、陸前高田の広田半島で描いた一枚。淡彩で描いた船は、「さっぱ船」といいます。
描いた記憶もあせぬ三年後、この風景は、船達は津波の向こうに消え去っていった。
あのとき立ち止まって描かなければ、「今」には繋がっていない、と思います。
「宝物のような浜をみつけたよ!」と、妻に興奮して電話入れたことを、今、ふと思い出しました。


+++アトリエ・アルティオからのお知らせ+++
♢定休日変更のお知らせ♢

日頃当ブログをご覧くださりありがとうございます。
5月より店舗定休日を♢日、月、祝日♢に変更させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいますようお願い申し上げます。

アトリエ・アルティオのネットサイトはこちらです。
http://artio.shop-pro.jp

13062125_609699059194445_2305913251356840742_n.jpg
posted by タク at 20:58| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アルティオ紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする